2007年09月10日

マネックス証券で口座を開設しよう!

マネックス証券は管理人がおすすめしています!

どんなところがおすすめなのか、わかりやすくご説明します!


1 株式売買手数料→業界屈指のロープライス!


インターネットからご注文の株式売買手数料は、屈指のロープライス。特に20万円以下の約定では最強です。


2 口座開設費用・口座管理料は当然無料!

  情報サービス利用料も一部を除き無料です。

3 オルタナティブ投資を進めていきます!

<オルタナティブ>とは「代替」「代わりの」といった意味です。株や債券を買うという伝統的な投資手法に加えた新しい投資対象として今後注目の投資対象です。

今後マネックス証券は、伝統的な投資商品に加えてオルタナティブ投資商品を幅広く個人投資家に提供していく予定です。

株や債券を買うという伝統的な投資手法を超えて、新たな運用手法を使ったり、或いは新たな投資対象に投資を行いより高いリターンを追求して、投資ポートフォリオ全体のリスクとリターンの関係を向上させる投資のことです。

「ヘッジファンド」「ベンチャーキャピタル」「再生ファンド」「不良債権ファンド」などさまざまな投資手法、投資対象が存在します。

4 夜間取引 1コインキャンペーン(500円)

平日17時から23時59分まで。取引所の終了した夜間の株取引を、マネックスの私設取引システムが実現させました。

5 貸株サービス!

マネックスにお預けの株式を、マネックスに貸出すことで金利がもらえる画期的なサービスです。

株式から値上がり益、配当金に続く「第三の収益」が生まれます。株式の時価に応じて日々金利が付与されるうえ、売買に関する制限も一切なし!

6 マネックスカードを作れば、送金が格安に!郵貯ATMを使えるから便利! 

全国の郵貯ATM等で使えるマネックスのキャッシュカード。入出金がこの1枚で自由自在!


7 HSBCインドオープンを含め、良質な投資信託を選べる!

マネックスの投資信託はセレクトショップ形式。いたずらに本数を競うのではなく選びやすく商品を厳選。日本株、外国株といったカテゴリー別のわかりやすい分類もご好評いただいております。

●HSBCインドオープンについて
中国の次はインドに注目!マネックスはオンライン証券で初めて、インド株式で運用される投資信託の取扱を開始しました。世界2位の人口を擁し、経済成長路線を走り始めたインドから目が離せません。お申込はお手軽な1万円から。


日本国内からインドの個別株式を購入するのは手続き上、困難です。現地では日本を凌ぐ数の銘柄が上場さ れておりますが、情報収集力に限界のある個人投資家がその中から有望な銘柄を選別するのも大変な困難が予想されます。

⇒投資信託なら個別銘柄ごとのリスクが分散されるうえ、インド経済・インド株式に造詣の深い専門家の力が活用できます。

●HSBCグループの運用です
HSBCグループは、インドでは最大にして最古の外資系金融機関。同グループはロンドンを本部とし、世界76の国と地域に1万を超える拠点・23万人を超える従業員を擁する総合金融グループです。

・ インドのムンバイを拠点とするHSBCアセット・マネジメント・インディア・プライベート・リミテッドよりインド株式運用に 関する投資助言を受け、HSBCアセットマネジメント香港社が運用を行います。
・ 投資にあたってはトップダウンのアプローチ(世界経済、インド経済、政治情勢などの分析からセクター配分を決定)とボトムアップのアプローチ(財務諸表によるスクリーニング、会社経営陣との面談、他国・他地域企業との比較などから銘柄を選定)を併用。

●1万円からお買付、積立も可能
国内投信なので1万円から定額でのお買付が可能です。また毎月決まった金額をお買付いただく「月次定額積立」、セゾンカードを使った「カードde自動つみたて」もご利用いただけます。

●このような方はご購入をご検討ください
・ 分散投資の一環として資産の一部をインド株式投資に振り向けたい
・ インドに精通した専門家にインド株式投資の銘柄選択を任せたい
・ 少額で少しずつインド株式市場への投資を長期で行いたい


9 個人向け国債は口座管理料無料!

10 外国債券、信用取引、先物など、豊富な承認ラインナップ!

〜管理人からのコメント〜

次に当てはまる方はすぐに口座を開設しておく必要があります。

なぜならいい金融商品が出たらすぐ買わないと価格が上がってしまうからです。


・忙しいので、夜間取引や指値のバリエーションが多い証券会社を使いたい。

・手数料が安い証券会社を使いたい

・世界分散投資をしたいので、HSBCインドオープンに投資したい。特に積立をしたい方は最適。



マネックス証券の資料請求はこちら↓
(資料請求は無料なので、まずは資料請求をしましょう!)


マネックス証券










ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 22:19 | 宮城 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)

2007年02月01日

インド投資のための証券会社を選び方3つの観点

インドへ投資する際の証券会社を選び方3つの観点

1 投資対象を、投信にするかADRとするか

投信…2へ進む
ADR…「楽天証券」しか扱っていませんので、楽天証券の口座開設が決定です。

2 どんな投信を選ぶか…投信の内容については別記事「初心者向け!インド株投信一覧表」へ

※野村證券以外は口座維持管理手数料は無料です。
※資料請求はすべて無料なので、すべての証券会社に資料請求をして見比べるのもいいかもしれません。(各証券会社の資料を集めることによって、多くのインド投資情報を収集できます。)

HSBCインド株オープン→オリックス証券、楽天証券、マネックス証券
(現在最高のパフォーマンス。私も投資中。オススメ)
PCAインド株式オープン→ ライブドア証券、丸三証券
ドイチェ・インド株ファンド→イートレード証券
インドフォーカスファンド→丸三証券
JFインド株ファンド→野村證券

3 その他の金融商品をどれにするか

たとえば、もっともパフォーマンスのいい「HSBCインド株オープン」を選ぶ場合、50万口以上買う場合にはオリックス証券で手数料が安くなるので、決まりですが、それ以外の場合にはどこも手数料が変わりませんので、たとえば、「インド株以外に日本株もすこしずつ投資してみたい!」という場合には、「楽天証券」を選ぶのがいいでしょう。

晴れ中国株手数料、信用取引、先物取引手数料が国内最安水準→「オリックス証券で口座を開設しよう!」ページへ
※H17/8/20より、60万円以下なら、手数料激安で有名なユナイテッドワールド証券より安い手数料で取り扱い開始!

晴れADR、米国株をやりたい、国内株手数料最安水準!→「楽天証券で口座を開設しよう!」ページへ

晴れナイター取引、個人向け日本国債、不良債権ファンドなどのオルタナティブ投資をやりたい→「マネックス証券で口座を開設しよう!」ページへ

晴れ韓国株、メキシコ、南アフリカへの投資→E*トレード証券

晴れ口座開設3ヶ月以内なら日本株20万円までの取引なら手数料無料!→丸三証券

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 20:14 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)

2007年01月09日

インドADR「sify」(管理人投資中)がオールアバウトでとりあげられる!

sifyの概要はご覧いただいているとして…

さまざまなジャンルのプロがガイドするHP「オールアバウト」でインドのグーグルになるとして当サイト管理人が期待している「sify」が掲載されています。

やはり、ポータルサイトとしての実力を評価しているようです。

インドのソフトウェア会社とのつながりが強い会社ですから。検索エンジンとソフトウェアの融合が可能であり、より高いレベルのサービスを提供できるようになる実力は十分にあります。

株価は行ったりきたりしていますが、あと10年後、インドADRが発売されている企業の中ではもっとも大化けしそうな銘柄です。

最近では

「インドの成長率9%」
とか
「携帯電話市場の伸び率が世界一」

など景気のいいニュースが踊っています。国土の広いインドですから、必ず10億総インターネット時代がやってきます。日本市場の10倍ですから、メジャーポータルサイトを運営するsifyが大化けするのは確実と私は見ています。(中期的にですが…)

私はADRを楽天証券
で買っています。

楽天証券は日本株、投資信託、インド株など、自分が投資したさまざまな資産の合計を示すページがあるのですが、それを見ると、

「ああ、なんであの時インド株に投資しないで日本株に投資してしまったのだろう…」

という気持ちが高まってきます。もう日本株は買いません…。
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 18:43 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(金融商品紹介)

2006年12月08日

楽天証券で口座開設しよう!

楽天証券のメリットをあげてみました。

メリット 1 インド株ADRを購入できるのは、楽天証券だけ。
インドADR解説
現在のインド株投資のスタンダードは、投資信託ですが、コレでは、自分がイケると思った銘柄に投資できません。

まあ、インドの発展する力を考えたら、投資信託をして、長期投資すれば、まず損をすることはないと思いますが、今後導入されるであろう個別銘柄株購入時期に向けて、知識、ノウハウを蓄えることが出来ませんし、爆発的な上昇はやはり、株とある程度同様な性質を持つADRしかないこと。

メリット 2 ハイパフォーマンスなインド株投信「HSBCインドオープン」を購入可能。

メリット 3 米国株式、外貨建てMMFをリアルタイムで購入可能。

メリット 4 今話題の中国株の購入が可能。今は香港株だけですが、近いうち、上海、深センへも順次拡大する予定。

メリット 5 日本株の取引が有利!

・口座開設後3ヶ月は20万円以下無料!
・「いちにち定額」…1日何度トレードしても50万円まで525円!
 しかも、同一日に売り、買いしたら、片道分だけの金額を算入!
・リアルタイム株価情報、登録株銘柄情報参照可能
・最新のラジオ日経市況、フィスコ市況情報、株式新聞ニュースを参照可能
・マーケットスピードという専用ソフトがあり、優れた操作性、顧客ニーズを常に取り入れた多彩な機能で、プロのディーラー並の環境を整えることが可能!

メリット 6 さわかみファンド社長、中国株の第一人者「司馬毅」などのレポートアリ

メリット 7 東欧・ロシアファンドへの投資が可能「エマージングファンド情報徹底研究!」へのリンク


メリット 8 口座維持管理手数料が無料

私も資料請求をしましたが、細かい資料が送られてきますので、資料請求をして検討するのがいいでしょう。



楽天証券


↑資料請求(無料)





※以下の方は、楽天証券に加え、他の証券会社の口座を開設することをおすすめします。資料請求はすべて無料なので、各社資料請求を行って、資料を見比べてみた方が、ご自分に合った投資が行えるので、よろしいかと思います。

注意1
HSBCインド株オープンを50万口(50万円程度)投資する予定がある方、信用取引をする予定のある方、中国株を手数料を安くしたい方は、下記のオリックス証券をおすすめします。
オリックス証券資料請求(無料)

注意2
HSBCインド株オープンの1万円からの積み立て、国債の口座維持管理手数料無料で購入、不良債権ファンドなどのオルタナティブ投資をお考えの方は、下記のマネックス証券をおすすめします。
マネックス証券資料請求(無料)

注意3
PCA、フィデリティーのインド投信の購入には、下記の丸三証券をおすすめします。
マルサントレード資料請求(無料)

注意4
(日本株)アナリストが徹底分析した調査銘柄を「プレミアムアナリストリサーチ」が必要な方、1ヶ月に換算するとわずか6,300円のライブドアトレード(現物取引)を使いたい方は下記のライブドア証券をおすすめします。
【デイトレーダー必見!】オンライントレードならライブドア証券資料請求(無料)




注意5
振込手数料が通常の金融機関に比べて格安なネット銀行を使った方が得です。証券会社への振込だけでなく、今後のネット社会を考えたら、必要でしょう。

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行




※上記については、管理人の調査の上、オススメを決定していますが、実際の口座開設や、投資については自己責任でお願いします。


●(参考)面白投資サイト
三井物産「ゴールド投資」
三井物産「外国為替証拠金取引」
ヘラクレス市場上場トレーダース証券「日経225先物・オプション取引」
ファイナンシャルプランナーに初回タダで相談可能「myadviser」

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 02:19 | 宮城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(4) | インド株!(金融商品紹介)

2006年12月01日

オリックス証券で口座を開設しよう!

オリックス証券のメリットをあげてみました。

メリット 1 ハイパフォーマンスな「HSBCインド株オープン」を購入可能!

メリット 2 ハイパフォーマンスなインド株投信「HSBCインドオープン」を購入する際に、50万口以上であれば、他の証券会社と比べて購入手数料が0.525%安くなる!

メリット 3 中国株の購入手数料が格安!

       手数料最安のユナイテッドワールド証券と比較。

      オリックス  約定代金 × 0.3675%(税込) (下限52.50香港ドル)
      ユナイテッド 一律固定150香港ドル(税込み157.5香港ドル)

      なので、1回の売買で約60万円以下ならオリックスの方が安い!

メリット 4 信用取引手数料が国内最安水準!

メリット 5 ジャパンネット銀行からの入金手数料が無料! 

メリット 6 口座維持管理手数料が無料

※特に中国株手数料が強力に安いです。中国への投資も分散投資としては非常に重要なので、いざというときのためにも口座を開いておいた方がいいかもしれません。


オリックス証券資料請求(無料)

※以下の方は、オリックス証券に加え、他の証券会社の口座を開設することをおすすめします。資料請求はすべて無料なので、各社資料請求を行って、資料を見比べてみた方が、ご自分に合った投資が行えるので、よろしいかと思います。

注意1
ADRを買いたい方、日本株手数料が安い証券会社を選ぶなら楽天証券をおすすめします。
楽天証券資料請求(無料)

注意2
HSBCインド株オープンの1万円からの積み立て、国債の口座維持管理手数料無料で購入、不良債権ファンドなどのオルタナティブ投資をお考えの方は、下記のマネックス・ビーンズ証券をおすすめします。
マネックス証券資料請求(無料)

注意3
PCA、フィデリティーのインド投信の購入には、下記の丸三証券をおすすめします。
マルサントレード資料請求(無料)

注意4
(日本株)アナリストが徹底分析した調査銘柄を「プレミアムアナリストリサーチ」が必要な方、1ヶ月に換算するとわずか6,300円のライブドアトレード(現物取引)を使いたい方は下記のライブドア証券をおすすめします。
【デイトレーダー必見!】オンライントレードならライブドア証券資料請求(無料)


注意5
振込手数料が通常の金融機関に比べて格安なネット銀行を使った方が得です。証券会社への振込だけでなく、今後のネット社会を考えたら、必要でしょう。

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行




※上記については、管理人の調査の上、オススメを決定していますが、実際の口座開設や、投資については自己責任でお願いします。


ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 13:05 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(金融商品紹介)

2006年11月10日

インド株好調

最近のインド株は非常に好調ですね。

インド株投信でもっとも利益が上がるHSBCインドオープンについては、基準価格が今年の6月に15000円台まで落ち込んだ後はうなぎのぼり。

今や23000円を超える勢いです。

管理人も小額投資ですが、38万円→58万円 と伸びています。

インドADRもなかなか好調です。

個別銘柄をかなり研究してから買った日本株は暴落気味で、時間の無駄でした。素直にインド株に投資をしておけばよかった…。

分散投資といっても、自信がある金融商品には多めに投資しておくべきですね。

前回の下げの教訓から、先進国の経済に大きな懸念があったときには、発展途上国の株式市場からかなりの外資が出て行きますので暴落することがわかっています。

今は世界経済が非常に順調なので、インド株も調子がいいですが、「何か」がおきれば一時的には暴落する危険性はあると考えています。

例えばテロ、例えばアメリカのバブル崩壊懸念等々。

それに備えて、証券会社の口座にすぐにお金を入れることができるようにしておきたいものです。

相変わらず、好調なインド経済。今まで同様、中長期的には確実に伸びる市場だけに、どのタイミングで投資するか悩むところです。
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 19:20 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(金融商品紹介)

2006年08月08日

投資信託以外のインドへの投資(ADR)について



投資信託以外のインドへの投資方法は、現在は1つしかありません。
すなわち「ADR」というもので、現在、唯一楽天証券で取扱いしています。

ちなみに、昨年に楽天証券と新生銀行が、業務提携を
結んでおり、いずれ新生銀行でも取り扱えるようになる
と思われます。

それでは、ADRとは何かについて、説明したいと思います。


●ADRとは


〔定義〕

米国預託証書と訳される、「American Depositary
Receipt」の略称。
「外国企業・外国政府あるいは米国企業の外国法人
子会社などが発行する有価証券に対する所有権を示す、
米ドル建て記名式譲渡可能預り証書」のことである。

〔発行主体〕

原則として外国企業の意思とは無関係に米国証券会社
と米国預託銀行が主体となって設定したものと、外国
企業が主体となって、米国預託銀行と預託契約を結ぶ
ことで設定されるものがある。

〔創立〕

1928年のADR創設当初の趣旨は、米国人投資家が
外国株式への投資を容易にする仕組みを提供すること
であり、ドル建てでの売買や配当支払を可能としたこと
がADRの発展に大きく寄与した。

〔ディスクロ〕

現在では、当該外国企業に関して米国企業なみのディス
クロージャーも求められており、より一般的な投資手段
になっている。

〔その他〕

英国、ルクセンブルグ等欧州の市場で取引されるものを
EDR(European Depositary Receipt)と呼び
、他にもHKDR(香港)、DRS(シンガポール)
等が存在し、市場や形態は多様である。


●ADRの購入について


購入できるインド関係ADRは以下の通り。


位置情報ドクター・レッディー(医薬品) (RDY)

チャート

位置情報HDFC銀行(銀行) (HDB) 

チャート

HDFC銀行関連記事
インドの住宅・住宅金融事情1
インドの住宅・住宅金融事情2
インドの住宅・住宅金融事情3
インドの住宅・住宅金融事情4
インドの住宅・住宅金融事情5

位置情報ICICI銀行(銀行) (IBN) 

チャート

ICICI銀行関連記事
インドのICICI銀がロシアの地方銀行を買収
ADR銘柄・ICICI銀行、前期比22%の最終増益
インドADR ICICI銀行 投資実録目管理人投資中!

位置情報インフォシス(ソフトウェア) (INFY)

チャート

インフォシス関連記事
インドIT産業について6
インドのソフト大手4社、昨年度純益35−55%増

位置情報マハナガール・テレフォン・ニガム(通信サービス) (MTE)

チャート

位置情報サティヤム・コンピューター(ソフトウェア) (SAY)

チャート


サティヤム関連記事
インドIT産業について7

位置情報SIFY(ネットワーク)

チャート

SIFY関連記事
ADR新規組入銘柄紹介2 Sify社(SIFY)
インドADR sify 投資実録目管理人投資中!

位置情報タタ・モーターズ(自動車) (TTM)

チャート

タタ・モーターズ関連記事
商用車最大手タタ・モーターズ 輸出拡大で純利益22%増

位置情報ビデッシュ・サンチャ・ニガム(通信サービス) (VSL)

チャート

VSNL関連記事
ADR新規組入銘柄紹介1 Videsh Sanchar Nigam(VSNL)社
インド国際電話最大手のVSNL、タイコから光回線取得


位置情報ウィプロ(ソフトウェア・サービス) (WIT)

チャート

ウィプロ関連記事
インドIT産業について8〜WIPRO LTD. 〜

ウィプロがM&A攻勢 専門性高い欧米ソフト企業に的



口座開設をオススメします。その理由は→「楽天証券で口座開設しよう!








ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 15:08 | 北京 🌁 | Comment(8) | TrackBack(2) | インド株!(金融商品紹介)

2006年06月17日

初心者向け!インド株投信について

NEW!情報を更新してみました!!

インド株ファンドを調べてみました。

現時点で私が確認できたものだけなので、もしかしたらもっとあるかもしれません。
もし、もっとあるようでしたら、教えてください!
情報は更新していこうと思います!

ちなみに、手数料(販売手数料、信託報酬)はそれぞれ決まっていますが、どれもそれほど変わらないようですので、情報としては割愛します。

〔オススメ手(チョキ)●HSBCインド株オープン


【どんなファンド?】
 インド共和国の証券取引所(ムンバイ証券取引所(BSE)、
インドナショナル証券取引所)に上場している株式を主要投資
対象とします。運用はインドの運用拠点よりアドバイスを受け、
HSBCアセット・マネジメント香港社が行います。
原則として円に対する為替ヘッジは行ないません。

【設定日】2004/11/30

【信託期限】無制限

【総資産額】約90億円

【ポートフォリオ上位10】コングロマリット 2社
             コンピューター  1社
             自動車      2社
             石油・石炭    2社
             鉄鋼、医薬、セメント 各1社

【販売会社】HSBC証券東京支店
       いちよし証券
       トヨタファイナンシャルサービス証券
楽天証券
       マネックス証券
       オリックス証券
       新生銀行

【最近の動き】
下落傾向であった最近時にも、セメント、石油化学は上昇したようです。
特に、当ファンドのセメントの会社は6%上昇したとのことです!

ちなみに今私が積み立て中です!!
詳しくは HSBCのHPへ!            


 Yahoo finance情報! 



●PCAインド株式オープン


【どんなファンド?】
 約90%をインド株(正確にはモーリシャス籍のファンド)、
 残りを日本の債券に投資します。
 原則として円に対する為替ヘッジは行ないません。

【設定日】2004/09/30

【信託期限】無制限

【総資産額】約128億円

【ポートフォリオ上位10】エネルギー    2社
             情報通信     3社
             生活用品     2社
             資本財、金融、素材 各1社

【販売会社】 ライブドア証券  丸三証券
        水戸証券株式会社
        リテラ・クレア証券株式会社
        新光証券株式会社
        東京スター銀行
        東海東京証券株式会社

【最近の動き】
  重機メーカーでラーセンアンドトウプロ社が高騰し、
  割高になったので売却し、利益を獲得。
  金融セクターが上昇して、財産価値を高めている。
                   
詳しくは
 PCAアセットHPへ 



 Yahoo financeより 


●ドイチェ・インド株式ファンド

【どんなファンド?】
 インド株式への実質的な投資を行う「ドイチェ・
インディア・エクイティ・ファンド」(シンガポール籍
円建て外国投資信託)と、「ドイチェ・日本債券マザー」
に投資するファンドオブファンズの形式で運用を行います。
 原則として、為替ヘッジは行いません。

【設定日】2004/12/20

【信託期限】2014年11月28日

【総資産額】81.65億円
【ポートフォリオ上位10】ソフトウェア・銀行2
             エネルギー・公益事業・製薬・資本財・食品・素材 1
      
【販売会社】岡三証券株式会社、UFJつばさ証券株式会社、カブドットコム証券E*トレード証券

【最近の動き】銀行株は、企業資本需要、消費者ローンの伸びにより上昇したが、医薬、公益事業の伸びが悪く、若干の減少となった。引き続き銀行、IT、セメント等に投資する予定。                   

●インド・フォーカス・ファンド


【どんなファンド?】
 マスターファンドがインドの企業又は、大半をインドで
 活動している企業に投資します。
 フィデリティーが運用し、為替ヘッジは行いません。

【設定日】2005/1/31
【信託期限】無制限

【総資産額】191.24(百万ドル)

【販売会社】丸三証券

【最近の動き】今後情報を仕入れます!!

●JFインド株ファンド


【どんなファンド?】
 マスターファンドが収益性、成長性を総合的に
 勘案し、インドの企業の株又はADRに投資
 します。
 原則として為替ヘッジは行いません。
 JPモルガン・フレミング・アセット・マネジメント
 ジャパンが運用します。

【設定日】2004/1/28

【信託期限】2009/1/27

【総資産額】−

【ポートフォリオ上位10】未設定。

【販売会社】野村證券

【最近の動き】今後情報を仕入れます!!



ひらめき〔株式・投資〕ランキング!ひらめき

 
↓ADRを買うなら!HSBCインド投信も中国株も買えて、日本株購入手数料は日本一!オススメです。
楽天証券

↓HSBCインドオープン、中国株も購入できます。
 HSBCインドオープンの購入においては50万口以上の購入で、手数料が安くなります!
オリックス証券

↓HBSCインド投信はもちろん、管理費無料で国債購入!
マネックス証券 

↓PCA、フィデリティーのインド投信が買え、日本株は開設後2ヶ月手数料無料で、20万円まで無料。テクニカルチャート分析セミナーなど充実!資料請求で詳細が分かります!
丸三証券

E*トレード証券




 当サイトホームへ!!  




入門! インド株
4757303289鈴木 雅光

インデックス・コミュニケーションズ 2005-09-22
売り上げランキング : 39,935

おすすめ平均 star
starベストな入門書
star個別銘柄に関するレポートが欲しかった。
starマニュアルとして最適

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 21:10 | 北京 | Comment(3) | TrackBack(8) | インド株!(金融商品紹介)

2006年06月06日

インド株は買いか?

インド政府の統計部門は31日、2005会計年度(05年4月−06年3月)の国内総生産(GDP)の伸び率を8・4%と発表した。

2月に国会に提出した推定値は8・1%だったが、これを上回る高成長となった。

続きを読む
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 23:56 | ムンバイ ☀ | Comment(3) | TrackBack(2) | インド株!(金融商品紹介)

2006年05月31日

インド株投資信託の現状

40社の証券会社を9つの視点で比較! ALL証券比較!!


インド株が暴落しているというニュースが10日ほど前に流れました。

実際にかなりの下落があったことは確かです。

それではどれだけの水準なのかおさらいしてみましょう。


余った資産で株投資 ALL証券比較!!

続きを読む
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 20:00 | ムンバイ ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(金融商品紹介)

2006年04月13日

最近の投資結果

最近、自分がインドに投資した分について、大分放って置いたら、結構儲かっていました。

投信は40万円ほど投資していたら50万円になっていましたし、

続きを読む
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 20:57 | ムンバイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(金融商品紹介)

2005年08月01日

証券会社が倒産した場合、資産は大丈夫?

大切な資産を預けた証券会社がつぶれた場合に、どうなるのか?とても心配ですよね?

ちょっと調べてみました。

オリックス証券のHP、Q&Aより抜粋

Q 証券会社が倒産した場合どうなるのですか?

A 証券会社は、証券取引法第47条に基づき、お客さまからお預かりする有価証券や預り金については、自社の資産から区分して保管すること(分別管理)が義務づけられています

この分別管理により証券会社の経営が破綻した場合でもお客さまからお預かりした資産に影響が及ぶことはありません

預金に対するペイオフと異なり、お預かり資産は全額返却されることになります。

<分別管理>

オリックス証券ではお客さまの資産を以下の様に分別管理し、お客さまの資産保全に万全を期しています。

お預かりしている株券について
原則として全て(株)証券保管振替機構に預託しております。
当社が万一破綻した場合も、株券は同機構で保全されます。
お預かりしている受益証券(投資信託)
当社にてお買付いただきました投資信託の受益証券は信託銀行で分別管理しております。
お預かりしている金銭について
お預かりしております金銭は、信託銀行にて分別管理しております。

ということです。証券取引法で決められているのであれば、ほかの日本の証券会社はおなじようにしているのでしょう。

ということで、証券会社の信用力というのは、資産の保全についてはあまり影響がないということですね!安心ですね!

「インド株徹底研究!一般家庭の投資実録」トップに戻る!
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 16:49 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)

40代以上の方が目指す最適なポートフォリオ

40代以上の方の資金計画として一般的に言われるのは、

「老後のためにリスクを控えめにして投資をしていく」ということです。

ポイントは「リスクをとらない」ワケではないと言うことです。老後の資金は意外に必要です。一般的に夫婦二人でふつうより若干裕福な生活をするためには25万円程度かかると言われていますので、それだけの資産を老後までに貯めておけるかが勝負です。

またリスクとはいろいろなリスクがありますが、日本円ばかりに投資していて、円安になった場合のリスクもあります。今後日本が人口減により経済発展が見込めないという事実を考えれば、一般的に言われている「外貨は3割まで」というのは不適切だと思います。

したがって、ポートフォリオとしては以下のような形がいいのではないかと思います。
(もちろん、それぞれの資産額によって変更する必要は生じますので、あくまで一般的なケースです。)



「40代以上の方が目指すべき最適ポートフォリオ」



1 日本への投資 55%

  内訳 
普通預金個人向け国債などのリスクが少ない商品 45% 
株、投資信託                 10%

※Point 日本円での投資はリスクを押さえた商品を選択します。

※Point 国債なら口座管理手数料がかからないマネックス証券などがいいでしょう。

※Point 日本株の取引なら手数料最安値の楽天証券が有利です。ここは様々な投資信託も扱っているので、メイン証券口座にするのが一般的です。松井証券なら、10万円以下の取引は手数料無料。IPOにはずれたらお詫び料を逆にもらえるので、うまく利用することが重要です。
                
2 インドへの投資 20%

インドはこのHPで紹介しているとおり、これから伸びる国なので、多めの投資です。
インドへの投資は、投資信託かADRしか方法がありません。それぞれ以下のページで紹介していますのでご覧ください。
  投資信託
  ADR 
※Point 最もパフォーマンスがいいのはHSBCインドオープン。
       それを手数料最安で買えるのはオリックス証券 

3 中国への投資  5%
    中国は経済成長まっただ中ですが、政治や為替、貧困など様々な問題を抱えていますし、日本に近いということで地政学的リスクを考えれば、やや少額に投資します。
  ※Point 1回約60万円以下の取引であればオリックス証券が手数料が最安です。それ以上の取引であればユナイテッドワールド証券がお得です。 
 

4 南アフリカへの投資 5%

南アフリカ←こちらで書いてあるように、成長著しく、かつ資源国です。勝ち組のにおいがプンプンしますので、リスクはありますが、少額投資をしておくのがイイでしょう。

5 オーストラリアへの投資 10%

オーストラリアは経済成長が堅調で、金利も4〜5%と高く、また、鉄鉱石、石炭などの資源国なので、中長期投資にはもってこいなので、多めの配分です。

為替手数料の安さで選ぶなら外貨預金よりも外国為替証拠金取引です。
資料を見るだけで勉強になります。トレイダーズ証券であれば、投資資金を分別管理しているので安心です。

為替証拠金取引については、手数料で選ぶなら!アリーナ・エフエックス←こちらのHPでシュミレーションできますので、慣れてから実際の投資が可能です。

6 東欧への投資 5%
ヨーロッパで急成長の可能性があるのは、東欧でしょう。私もこの目で見てきましたが、ヨーロッパでも人件費が安く、また、日本やアメリカ資本の参入が著しいために最新の技術が導入されつつあるこの地域は成長するのは間違いないでしょう。
EUに加盟することによって、その力はより発達していくはずです。
楽天証券で投資信託を発売していますので、日本株やインド株に興味がある方は、口座を開設しておく必要があるというのは言うまでもありません。


ひらめき資料請求を行って、資料を読んでみるだけというのでもとても勉強になると思います。私も目から鱗なことが多かったです。
ところで、資料請求をすると、しつこい勧誘が来るのでは?と思っていましたが、メールで何回か勧誘が来る程度なのですね。

ひらめき基準額等が下がってきて、そろそろ投資しようかななんて思ってから口座を開設したのでは、投資時期を誤ります。興味があるものは早々に資料請求、口座開設して、出陣の時に備えることをおすすめします。私は今まで何度も「しまった!」と思いましたので…。








ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 13:39 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)

2005年07月12日

インド株が最近好調なワケ

インド株投資信託は最近好調です。
理由としては私はこんな風にとらえています。

・インドの将来性に期待している人が多い(さんざんこのブログでも紹介済みなので、詳細は省略します。)

・市場規模としてはまだ小さいインド株市場に、日本から大量に資金が流入している。 (日本でのインド株投資信託のブームによる)

・ヘッジファンドがインドへの投資額を増加させていること。

中国経済が減速するという見通しを背景にヘッジファンドを含めた投資家が中国への投資を縮小させていることが影響して、インドへ流入か!

また、中国では買いや持ち株の規制に加えて保有株しか売れない制限があるほか、デリバティブ取引も許可されていない状況となっている一方で、インドは制限が小さいため、投資しやすい環境になっているとのこと。

また、長期的に見たインドの成長は、日本のインド投信ブームによる一時的な価格の上昇を飲み込むと考えていますので、おそらくある時期になっていったんインド株投信の基準価格は下がるでしょうが、また盛り返すとみています。

ということで、私は中国株にすでに結構な額を投資していますが、時期をみて、半分くらいは引き揚げようと思っています。

インドを研究するにつれて、ますます中国に投資するメリットが感じられなくなってきたからです。
(と言っても、地政学的リスクがあるので、100%インド投資は行いませんが。。)

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 13:41 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)

2005年07月02日

20代〜30代の方が目指す最適なポートフォリオ

20代〜30代の方の資金計画として一般的に言われるのは、

「長期に、そしてリスクをある程度とりながら投資していく」ということです。

リスクをとらないとなかなかリターンを得るのは難しいので、リスクをある程度とるけれども、投資期間が長期にわたるので、そのリターンがリスクを埋めてくれるというわけです。

20代〜30代の方は一般に、投資可能な金額は少ないかもしれませんが、今勉強したことが今後役立つでしょうから、様々な投資方法を勉強し、そして実際に投資を行ってみることをおすすめします。


その結果、20代〜30代の方が将来的に目指すべきポートフォリオは以下のような形になると思います。(あくまで一般的な方の場合です。かなりの資産を持っている方はあてはまらないかもしれません。)

ポイントは「世界各国への分散投資

 ・将来的に必ずしも日本が勝ち組になれるかはわかりません。日本は資源のない国。原料に付加価値をつけて輸出するという日本型のスタイルが永続できない場合には、日本円の資産が多い場合には不利になります。また、少子高齢化は他の先進国より進んでいます。

 ・将来的に勝ち組に必ずなれる国というのは存在しません。日本株に投資するのに、トヨタも買えば楽天も買う、店頭公開企業も買うといったようにリスク分散するのと同じです。勝ち組になれるかもしれない国を狙います。日本だけに投資することもすなわちリスクなのです。

 ・外貨でも1国だけに絞って投資していたら、地政学的リスクを負います。例えば、インド1国に全力投資していた場合に、インドネシア沖地震のような地震がインドを襲ったら、相当なダメージを負います。

「20〜30代のための最適ポートフォリオ」



1 日本への投資 45%

  内訳 
普通預金個人向け国債などのリスクが少ない商品 35% 
株、投資信託                 10%

※Point 日本円での投資はリスクを押さえた商品を選択します。

※Point 国債なら口座管理手数料がかからないマネックス証券などがいいでしょう。

※Point 日本株の取引なら手数料最安値の楽天証券が有利です。ここは様々な投資信託も扱っているので、メイン証券口座にするのが一般的です。松井証券なら、10万円以下の取引は手数料無料。IPOにはずれたらお詫び料を逆にもらえるので、うまく利用することが重要です。
                

2 インドへの投資 20%

インドはこのHPで紹介しているとおり、これから伸びる国なので、多めの投資です。
インドへの投資は、投資信託かADRしか方法がありません。それぞれ以下のページで紹介していますのでご覧ください。
  投資信託
  ADR 
※Point 最もパフォーマンスがいいのはHSBCインドオープン。
       それを手数料最安で買えるのはオリックス証券 

3 中国への投資  5%
    中国は経済成長まっただ中ですが、政治や為替、貧困など様々な問題を抱えていますし、日本に近いということで地政学的リスクを考えれば、やや少額に投資します。
  ※Point 1回約60万円以下の取引であればオリックス証券が手数料が最安です。それ以上の取引であればユナイテッドワールド証券がお得です。 
 

4 南アフリカへの投資 10%

南アフリカ←こちらで書いてあるように、成長著しく、かつ資源国です。勝ち組のにおいがプンプンしますので、多めの投資です。

5 オーストラリアへの投資 10%

オーストラリアは経済成長が堅調で、金利も4〜5%と高く、また、鉄鉱石、石炭などの資源国なので、中長期投資にはもってこいなので、多めの配分です。

為替手数料の安さで選ぶなら外貨預金よりも外国為替証拠金取引です。
資料を見るだけで勉強になります。トレイダーズ証券であれば、投資資金を分別管理しているので安心です。

為替証拠金取引については、手数料で選ぶなら!アリーナ・エフエックス←こちらのHPでシュミレーションできますので、慣れてから実際の投資が可能です。

6 アメリカへの投資 5%
アメリカには底力があります。自国の地下には豊富な原油が眠っていますが、世界で原油がなくなったときのために、現在掘っているのはわずか…というのは有名な話です。金融技術やITは世界のトップです。急激な成長は望めませんが、一定に投資しておくのは必要かもしれません。
アメリカ国債や投資信託の使い勝手は楽天証券が一番でしょう。


7 東欧への投資 5%
ヨーロッパで急成長の可能性があるのは、東欧でしょう。私もこの目で見てきましたが、ヨーロッパでも人件費が安く、また、日本やアメリカ資本の参入が著しいために最新の技術が導入されつつあるこの地域は成長するのは間違いないでしょう。
EUに加盟することによって、その力はより発達していくはずです。
楽天証券で投資信託を発売していますので、日本株やインド株に興味がある方は、口座を開設しておく必要があるというのは言うまでもありません。


ひらめき資料請求を行って、資料を読んでみるだけというのでもとても勉強になると思います。私も目から鱗なことが多かったです。
ところで、資料請求をすると、しつこい勧誘が来るのでは?と思っていましたが、メールで何回か勧誘が来る程度なのですね。

ひらめき基準額等が下がってきて、そろそろ投資しようかななんて思ってから口座を開設したのでは、投資時期を誤ります。興味があるものは早々に資料請求、口座開設して、出陣の時に備えることをおすすめします。私は今まで何度も「しまった!」と思いましたので…。






ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 18:15 | ムンバイ ☁ | Comment(5) | TrackBack(2) | インド株!(金融商品紹介)

2005年06月09日

HSBCインドオープンの現状(H17/6/9)

インド株投信が大分上昇してきました。
久々に、HSBCのHPを見てみました。要約すればこんな感じです。

過去7〜8週間は売っていた外国人投資家が急激に買い増しを行った。
セクター別では、消費関連が注目されていたが、自動車、セメント、金属が下げた。
政府は助成金で下げていたガス料金を市場に合致した額まで引き上げる。
自動車燃料の引き上げが検討されている。今まで、引き上げを据え置きしていたので、この決定により、燃料関係の株が買われた。

HSBCは、資源関係と製造業が半々に含まれていますが、資源関係の上げが強かったということになります。

やはり、全世界的に資源不足が生じている関係で、インドでも中国でも、資源関係を買うのがいいのでしょうか。

株式・投資ランキング1





株式・投資ランキング2

↑当サイトピンチ!クリック求む!


ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 20:14 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)

2005年05月19日

HSBCインド株投信現在までの総括

昨年の1月から、微々たる額ですが、投資して、状況を見ていました。半年近く経ったので、ここで一度総括をしたいと思います。

投資記録そのものはこちらをご覧いただくとして、、

総括しますと、

この半年間で、利益率が最も高かったのは、2/15で  9.025%。
           最も低かったのは、1/25で−3.6775%。

よって、1/25に買って、2/15に売れば、単純には12.6%もの利益を得ることができたことになります。

現在は、3.73%の純利益を得ていることになります。

長期投資のつもりで買っていましたが、暴落したときに買って、ある程度あがったら売却するという基本動作を守れれば、こういうエマージングファンドへの投資の場合にはより利益を得ることができそうですね。


投資は自己責任が原則ですが、判断材料の一つとしていただければ幸いです。

私は実験的に投資していましたがそろそろオリックス証券に口座を開いてて、本格的にインド株投信を行うことを考えています。

オリックス証券は50万口以上投資する場合には、他の金融機関より手数料が安いからです。
(少額の場合には、他の金融機関と同じ手数料。)

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 18:01 | 宮城 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)

2005年05月17日

H17.5.17 HSBCインドオープンの現状

私が投資(といっても少額ですが)HSBCインドオープンについて、久々におさらいしてみましたので、ご報告します。

一時期、アメリカ経済が好調との情報が多数あった関係で、インドから外資がやや手を引いた時期があって、投信の基準価格も結構な割合で下がり、私の投資についても、マイナスとなりました。

しかし、ここに来て、中国、アメリカをはじめ、特段材料がないことから、また高成長が期待されるインドに外資が戻ってきたために、最近時の好調を維持しているようです。

インドでは、ITが有名ですが、今現在の「伸び」という点では、内需関連が好調のようですので、それに伴い、組み入れ銘柄も内需関連株が多くなっています。

組み入れ銘柄ランキング

1 リライアンス(石油系コングロマリット)
2 マヒンドラ(自動車)
3 インフォシス(IT)
4 オイルアンドナチュラル(石油関連)
5 ジェットエアライン(航空)

以下、10位まで製造業を中心に組み入れられています。

工業生産の伸びがここにきて最高を記録しているようです。

自動車工業においては、スズキが資本参入しているのマルチウドヨグが圧倒的シェアを誇っているという情報がありましたが、HSBC投信においては、継続的にマヒンドラが上位に食い込んでいて、我々には分からない成長要因をつかんでいるのだろうと思われます。

この、HSBCオープンは、海外で、同じスタッフで同じ運用方針で好成績を残しているので、今後も期待です。マネックス証券、オリックス証券にリンクしておきましたのでよろしければ。

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 13:19 | 宮城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | インド株!(金融商品紹介)

2005年02月10日

インド株投信について証券会社に突撃インタビュー!

本日は、趣向を変えまして、インド株投信について、続証券会社に問い合わせた結果をお伝えしたいと思います。

内容は、要約すれば、HPに載せたいので

1 インド株又はインド株ファンド、ADRを扱う予定があるか

2 おすすめ商品(株等)は何か

3 他社と比べて、勝っているところ。


を教えてくださいという問いに対して、続社がどういう回答をしてくるか、実験してみました。

対象会社は以下の通り(ある証券会社比較サイトに掲載されていた証券会社すべてです。)

ライブドア証券、MEネット証券、松井証券、楽天証券、トレーダース証券、マネックス証券、内藤証券、日興ビーンズ証券、大和証券、カブドットコム証券、コスモ証券、ジェット証券 以上 1贈社

ちなみに、野村證券、オリックス証券は長いメールを送れなくて断念。新光証券はメールで質問できず断念。

ということで、1贈社にメールで質問しました。みなさんはそのうち何社から回答が来たと思いますか?回答が来たのは贈社です。半分です。

確かに、このメールへの回答は直接的には金にはなりません。しかし、お客様(になるかもしれない人)を大事にするのは、商売の基本ではないでしょうか?

手数料などが造とんど変わらないなら、顧客サービスを大事にしている会社で株式投資したいですね!

前置きはさておき、回答が来たのは以下の贈社。
ライブドア証券マネックス・ビーンズ証券MEネット証券松井証券
カブドットコム証券ジェット証券です。

ちなみに、投信を扱っている(扱う予定)のが>、マネックス証券カブドットコム証券
ライブドア証券はコールセンターでPCA。他は予定がないそうです。


回答を頂いた会社のうち、顧客サービス(私的)上位贈社について、原文を載せます!

ライブドア証券
初冬の候、ご健勝のこととご祈念申し上げます。

このたびはご連絡を賜り誠にありがとうございます。
また、御返信が遅くなりまして大変、申し訳ございませんでした。
下記ご質問につきましてご返答させていただきます。


ライブドアトレード(オンライン取引)では、
投資信託の取り扱いがなく、PCAインド株式オープンも取り扱いがございません。
PCAインド株式オープンの取り扱いは、当社コールセンター
及び営業店のみとなります。


金融商品ではございませんが、「ライブドアトレード・プレミアムトレードパス」をおすすめいたしております。

パス購入価格18,900円をご購入されますと、連続で3ヶ月間(約定ベース)の現物取引
での株式売買委託手数料を完全無料にする期間限定サービスです。
1ヶ月に換算するとわずか6,300円でライブドアトレード(現物取引)を3ヶ月間お好き
なだけご利用になれます。

ライブドア証券は、後発証券会社なので、お客様の利便性を高めるべく、新しいサービスをとりいれております。
個人投資家を中心としたお客さまへのサービスの充実を最重点課題として、今後も積極的に取組んでいくつもりでございます。
その他、何かご不明な点がございましたら、ご遠慮なく、ご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。

松井証券


お問い合わせいただき有難うございます。
松井証券社長室 松本と申します。

お問い合わせの件について、
下記回答致します

・Q1〜3:インド株・ADR・投信の取扱可否
 →取扱はございません。また、現在のところ、取扱の予定もございません。

・Q4:当社の特徴
 →当社は国内株の売買委託業務を中心としております。
  株式売買委託業務ですので、「売れている商品」という言葉にしますと少し違うかも知れません。
  なお、信用取引が主で、当社の株式売買の約7割が信用取引です。

・Q5:他社比較
 →ボックスレートと呼ばれる手数料体系や、無期限信用取引など、新しい革新的なサービスを他社に先駆けて提供してきております。
  このように革新的なサービスの開発力が当社の強みであると考えております。
  
よろしくお願いいたします。

以上です! 

口座を開く前に、質問をしてみると、その会社のお客様に対する態度が分かって、取引後にこんなはずじゃなかった!なんて事にならないようにしたいですね!



ひらめき〔株式・投資〕ランキング!ひらめき

蔵当サイトも参加中!是非1票!
 株で生活している人の投資記録などあり!



あなたを「幸せなプチ投資家」(経済的自由人)に変えるための資料を無料プレゼント中。
 


一般サラリーマン家庭の「管理人が使う!おトクコーナー」


              

当サイトホームへ!!

蔵明日も最新記事を見よう!クリック!







ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 20:53 | 宮城 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。