2006年07月25日

インドADR sify 投資実録

インドのADRを追加購入しました!

銘柄は「Sify」。数あるADR銘柄の中で、sifyに私がなぜ投資したのかをご説明します。


〔sifyの概要と投資理由〕

インドで最も大きいインターネット関連会社の中の1つ。

インドのIT企業の多くはソフト開発中心だが、この会社はインフラとしてのブロードバンド環境の整備や、電子商取引、ポータルサイトなど、インターネット関連の風上から風下まで網羅している。

インターネットインフラはインドの126の都市と町に達する。

2004年度の決算では、前年比29%増の8280万ドルの収益、結果過去6年間平均で40%以上の平均成長率を記録。

2005年度第2四半期には、第1四半期よりも31%収入が増加。

専務理事は「経済が上り調子なので、この機会に一気に成長すべく、資本投資を行っていく」と語っており、さらなる成長が期待できる。

ソフト開発関係企業は競争が激化しており、日々の技術革新の遅れによって、市場からの撤退を余儀なくされる危険性があるが、この会社はいわゆるハードの勝ち組なので、今後のインドの経済成長によるIT利用者層の増加に恩恵を被ることは間違いないと見こんでの投資である。

日本で言うと、ソフトバンク(ヤフージャパン含む)のような企業と言ったらイメージがつきやすいだろうか。ただ、ソフトバンクと決定的に違うのは、NTTのような巨大なライバルがいないこと。ヤフー(米国)ファイナンスのサイトにおいて、「Competitors」(競争相手)という欄があるのだが、そこには相手にならないくらいの小さな会社が掲載されているだけ。

現在は株価が下がり基調だが、中長期的には爆発する株と見こんでの投資。

〔sify法人サービス〕

法人向けサービスは、収入の53.9%を占める。

公共セクター、銀行業、大企業の要望を満たすために、海外に向けて2万キロメートル以上のファイバーケーブルのネットワークを持っているインド株式会社(PGCIL)社と協力関係を結んだところ。

インドでは様々な国からの「コールセンター」(証券会社や銀行のカスタマーサービスをイメージすればよいだろう。)としての仕事の依頼を受けており、その要望に応えることができるにようになった。(この「コールセンター」業務はミスター円こと榊原英資氏もその著書の中で今後のインドの中で成長性の高い分野とコメント。)

IP電話や、セキュリティーにも強い。特にセキュリティーはsifyが提供するブロードバンドサービスにおいて組み込まれている。

インドの名門「ICICI銀行」の関連会社 ICICI Prudentialのオンライン試験サポートを提供した。

電話会議サービスなども行っている。

法人向け取引として、会社内のネットワーク接続やセキュリティーなど企業で使われるネットワークの大部分を提供している。

優良といわれる企業の大部分がSifyの法人向けサービスの提供を受けている。

法人のネットワーク・サービス、データセンター運用、およびカスタマ・リレーションシップ・マネージメントはISO9001を2000年に取得済み。

〔sify個人向けサービス〕

個人向けサービスは、収入の43.8%を占める。

2005年度第1四半期で、11万人以上がsifyが提供するブロードバンドに加入し、ポータルサイト について、100万人以上がチェックしている。

sifyの運営するサイトでは、ビデオストリーミング、ダウンロード、及びビデオチャットなどが利用できる。

インターネット電話も現在、大都市圏で大変利用されるようになった。

インターネット放送事業は半年間でおいておよそ100%成長。

2005年第1四半期で、インド初のポータルサイト「SifyMax.in」は1万7000時間以上のオーディオとビデオが放送された。

内容はニュース、映画、スポーツ、占星術、および他のものを含んでおり、2005年のウィンブルドンの選手権(テニス)について、インドで独占的な放映権を持ったという実績もある。

●管理人によるsifyADR投資記録

日付 単価   評価損益(ドル)

H17/9/22 4.76   570株購入!
H17/9/25 4.73   -17.10
H17/10/2 5.48   410.40  +15.12%
H17/11/10 6.19 543.40 +30.04%

H17/11/18 6.40   190株売却!

1ドル118円、手数料を売買で6300円として、
(6.40-4.76)*190*118-6300=30,468円 儲かりました。

H17/11/18 6.70   946.20  +52.31%
H17/12/09 8.72   1,504.80 +83.19 %
H17/12/12 9.76   1900   +105.04%
H17/12/16 10.10   2029.20 +112.18 %

H17/12/25 11.1で150株再購入!


H18/02/25 12.8200 3,320.79 +95.59 %
H18/5/2  11.4300  2,584.09 +74.38 %




位置情報SIFYのHPへ

チャート











ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 13:19 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(IT)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。