2006年12月01日

オリックス証券で口座を開設しよう!

オリックス証券のメリットをあげてみました。

メリット 1 ハイパフォーマンスな「HSBCインド株オープン」を購入可能!

メリット 2 ハイパフォーマンスなインド株投信「HSBCインドオープン」を購入する際に、50万口以上であれば、他の証券会社と比べて購入手数料が0.525%安くなる!

メリット 3 中国株の購入手数料が格安!

       手数料最安のユナイテッドワールド証券と比較。

      オリックス  約定代金 × 0.3675%(税込) (下限52.50香港ドル)
      ユナイテッド 一律固定150香港ドル(税込み157.5香港ドル)

      なので、1回の売買で約60万円以下ならオリックスの方が安い!

メリット 4 信用取引手数料が国内最安水準!

メリット 5 ジャパンネット銀行からの入金手数料が無料! 

メリット 6 口座維持管理手数料が無料

※特に中国株手数料が強力に安いです。中国への投資も分散投資としては非常に重要なので、いざというときのためにも口座を開いておいた方がいいかもしれません。


オリックス証券資料請求(無料)

※以下の方は、オリックス証券に加え、他の証券会社の口座を開設することをおすすめします。資料請求はすべて無料なので、各社資料請求を行って、資料を見比べてみた方が、ご自分に合った投資が行えるので、よろしいかと思います。

注意1
ADRを買いたい方、日本株手数料が安い証券会社を選ぶなら楽天証券をおすすめします。
楽天証券資料請求(無料)

注意2
HSBCインド株オープンの1万円からの積み立て、国債の口座維持管理手数料無料で購入、不良債権ファンドなどのオルタナティブ投資をお考えの方は、下記のマネックス・ビーンズ証券をおすすめします。
マネックス証券資料請求(無料)

注意3
PCA、フィデリティーのインド投信の購入には、下記の丸三証券をおすすめします。
マルサントレード資料請求(無料)

注意4
(日本株)アナリストが徹底分析した調査銘柄を「プレミアムアナリストリサーチ」が必要な方、1ヶ月に換算するとわずか6,300円のライブドアトレード(現物取引)を使いたい方は下記のライブドア証券をおすすめします。
【デイトレーダー必見!】オンライントレードならライブドア証券資料請求(無料)


注意5
振込手数料が通常の金融機関に比べて格安なネット銀行を使った方が得です。証券会社への振込だけでなく、今後のネット社会を考えたら、必要でしょう。

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行




※上記については、管理人の調査の上、オススメを決定していますが、実際の口座開設や、投資については自己責任でお願いします。


ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 13:05 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(金融商品紹介)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6039796

国債
Excerpt: 国債とは、国が発行する。借金の借用証書です。
Weblog: 急上昇キーワード
Tracked: 2006-08-03 21:12

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。