2007年02月01日

インド投資のための証券会社を選び方3つの観点

インドへ投資する際の証券会社を選び方3つの観点

1 投資対象を、投信にするかADRとするか

投信…2へ進む
ADR…「楽天証券」しか扱っていませんので、楽天証券の口座開設が決定です。

2 どんな投信を選ぶか…投信の内容については別記事「初心者向け!インド株投信一覧表」へ

※野村證券以外は口座維持管理手数料は無料です。
※資料請求はすべて無料なので、すべての証券会社に資料請求をして見比べるのもいいかもしれません。(各証券会社の資料を集めることによって、多くのインド投資情報を収集できます。)

HSBCインド株オープン→オリックス証券、楽天証券、マネックス証券
(現在最高のパフォーマンス。私も投資中。オススメ)
PCAインド株式オープン→ ライブドア証券、丸三証券
ドイチェ・インド株ファンド→イートレード証券
インドフォーカスファンド→丸三証券
JFインド株ファンド→野村證券

3 その他の金融商品をどれにするか

たとえば、もっともパフォーマンスのいい「HSBCインド株オープン」を選ぶ場合、50万口以上買う場合にはオリックス証券で手数料が安くなるので、決まりですが、それ以外の場合にはどこも手数料が変わりませんので、たとえば、「インド株以外に日本株もすこしずつ投資してみたい!」という場合には、「楽天証券」を選ぶのがいいでしょう。

晴れ中国株手数料、信用取引、先物取引手数料が国内最安水準→「オリックス証券で口座を開設しよう!」ページへ
※H17/8/20より、60万円以下なら、手数料激安で有名なユナイテッドワールド証券より安い手数料で取り扱い開始!

晴れADR、米国株をやりたい、国内株手数料最安水準!→「楽天証券で口座を開設しよう!」ページへ

晴れナイター取引、個人向け日本国債、不良債権ファンドなどのオルタナティブ投資をやりたい→「マネックス証券で口座を開設しよう!」ページへ

晴れ韓国株、メキシコ、南アフリカへの投資→E*トレード証券

晴れ口座開設3ヶ月以内なら日本株20万円までの取引なら手数料無料!→丸三証券

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 20:14 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。