2005年07月12日

インドで綿の成長が好調

今年はインドのパンジャーブ地方では天気がとてもよいようで、遺伝子組み換え種子による綿花が記録的に収穫できそうであるようです。

確かに、西インドでの洪水が被害をもたらしたことは事実ですが、ほかの地域での成長の状態がすばらしいためです。

また、世界最大の綿の作付け面積を誇るインドでは900万ヘクタールから今年になって5〜7%作付面積が増加しました。というのも、多くの農業者がタバコなどから綿に作付けを変更したことによります。

確かに生産量が増加すれば価格は下がるのですが、政府が価格対策を行うだろうということと、綿の生産量自体が増えたことで、綿を原料とした工業製品の生産量が増加する見込みがあるため、急激な価格の低下はみられない予想です。

綿および綿製品については中国、パキスタン、バングラデシュやインドネシアなどの国への輸出量も増加する見込みです。

インド経済は農業に下支えされるものであり、農業が好調であれば、工業やサービス業へもお金が流れるという仕組みになっているので、手(チョキ)

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 13:12 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。