2005年08月01日

年金問題が心配な方へ

当サイトをご覧になっている方は、30代の方が一番多いようです。
(私も30代ですが)30代の方は、老後が心配ではないですか?
年金を我々がもらう時代には、間違いなく今より少ない額になるはずです。

だって、少子高齢化が進むでしょ?その対策は為されていますか?
女性が働きやすい職場を作るという政策を目指していますが、実際には産休を取りづらいですし、取ったら昇格に響くでしょう。
また、子供を育てるにはお金がかかるのに、補助が全く。。
これからの大増税時代に、子供を3人も作る人はあまりいない一方で、周りに独身の人も増えてきている。。。

今の厚生労働省の試算よりも間違いなく年金は減るでしょう。
自分が投資をして、将来に備える時代に来ているわけです。

どこに投資するか。老後2人で通常の生活をするには月25万円は必要。年金を一定にもらえたとしても6000万円程度の貯蓄は必要なわけです。

私のように普通のサラリーマンは稼いだ分を定期預金にしても、老後は厳しいわけです。
そんな場合にいかにリスクを押さえてハイリターンを取るかということになります。

そこで、私ならインド株を選択します
細かい理由はこのサイト全体をご覧いただければ分かりますので省略しますが、
この30年で安定した高度成長を行うことが出来るのは唯一インドだけなのです。

あのゴールドマンサックス証券が試算した各国GDPの今後30年の成長の表を見ると、インドだけが7%の伸びを30年間続けているのです
あの中国はここ数年は8%程度で推移しますが、その後結構な割合で減少するとのことです。

この原因はインドは若年労働力が他より突出して多いということです(日本とは正反対ですね。。これは今後日本の成長率が落ちることも意味しています。)

また、ITという今後伸びる分野で、現在の優位性があるだけではなく、その思考力や教育体制など他にはマネできない部門での優位性を維持できるというところにあります。

ちなみに、7%の成長を続けていけば、当然金利もそれに近い状態になるでしょう。
乱暴ではありますが、7%から投資にかかる費用3%をひいた4%で30年間投資したとします。
1000万円を4%で30年間の複利で運用したとして、32,433,975円になります。

一方で、同じ金額を成長しないN国で1%運用した場合には13,478,489円になります。

私はこの半年間、インドを研究し、また、少額ですが、投資した結果、インドは安定的に儲かると判断し、私の老後を賭けることにしました!

あなたの老後もインドに賭けてみませんか?

晴れインド株ファンド購入会社へ資料請求(無料)が可能です
晴れ長期に投資するモノですから、それぞれの投資スタイルにあった証券会社を選ぶ方がいいですよね。資料請求は無料ですから、各社資料請求を行ってみて、納得のいく会社を選んで最高のインド株投資を目指していきましょう!

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 19:34 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5776003

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。