2005年06月10日

日本経済新聞様に記事掲載!

みなさまにご報告です。

当サイト管理人、日本経済新聞社証券部様から取材をいただき、2005年8月10日付け17面で「投資を考える〜海外株に熱視線〜」というコーナーに掲載されました!

この取材は、インド株のジャンルで発のYahoo!登録サイトになったインド株はどないだ?管理人のにえべす様からご紹介をいただきまして、実現に至りました。
この場を借りて、御礼を申し上げたいと思います。
にえべす様の記事も11日の記事でがっちり掲載されていますので、ご覧くださいね。

日経のご担当様から仙台までわざわざ来てくださるという話だったのですが、私ほどの人間にわざわざ天下の日本経済新聞社様にご足労いただくのは大変恐縮だったので、お電話による取材をお願いいたしました。

質問の詳細については公開していいのか分かりませんので、控えますが、インドに興味を持った経緯や、投資履歴などについて回答した結果が、本日の新聞にトップバッターとして掲載いただきました。

追記

13日に、当サイトのサイト名入りで17面「投資を考える」の4回目に掲載されました!

当サイトの
インド投資意識調査!のデータが引用された部分と、投資記録を掲載している(インド株投信基準価格・残高推移実録)点について、掲載いただきました。
「日本経済新聞」というメディアがインド株についてそして当サイトのような個人運営のデータを使ってくださるような状態なのは、やはりインド関連のデータが十分とは言えないからなのでしょう。

当サイトでも微力ながら今後もインド情報の充実に努めて参りますので、ご覧いただいている皆様方も、情報がありましたら、インド株、インド株投資信託総合掲示板等に情報提供していただければ幸いです。

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 18:20 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5774849

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。