2005年06月24日

インド、シンガポールとFTA締結

インド政府は20日の閣議で、シンガポールとの自由貿易協定(FTA)を柱とする包括的経済連携協定を承認し、同連携協定の8月1日の発効が決まった。

今月末にインドを訪問するシンガポールのリー・シェンロン首相とインドのシン首相との間で29日に署名式が行われる。

 シンガポールはすでに米国や日本、オーストラリアなどとFTAを結んでいるほか、クウェートやエジプトなど10カ国以上と同交渉を進めており、今後のFTA外交の弾みとなりそうだ。

インドも経済が活発化するにつれて、経済に関する外交が活発になってきた気がします。
ロシア、中国とのエネルギー協力や日本個別企業との提携などのニュースがここ最近でありました。

国連常任理事国の話もありましたが、経済だけでなく、政治大国になっていくのも間違いないでしょう。

インド株投信基準価格の上昇が続いています。急上昇しすぎたので、一度利益確定して、下がったところを買いたいと思い、売却の指示を出しましたが、約定にいたらず、来週に持ち込みとなりました。

売れた瞬間から下がらないですかね(笑)ただ、モンスーンが遅まきながら到来したため、農業にいい影響を与えるため、もうしばらく上がる可能性もありますねえ。。売却する前にニュースになってくれよという感じですが…しばらく買えないかな。。


ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 19:06 | 宮城 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | インド株!(全般)
この記事へのコメント
インド株も個別でもっと買える銘柄を証券会社には扱ってほしいですよね
Posted by take at 2005年06月28日 19:37
そうですよね!
ADRは楽天証券で扱っているものの、銘柄数は少ないため、これからに期待です。

ただ、楽天証券のADRで扱っている銘柄は有力銘柄なので、投資する価値はあると思います。
Posted by taka at 2005年06月30日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。