2005年06月12日

新生銀行によるインドのシステムの導入について

本日(H17/6/12)のサンデープロジェクトで、ハゲタカファンドと言われる「リップルウッド」の特集をやっていて、そこで新生銀行がインドのソフトウェアを導入したということが放送されました。

今まで、銀行のシステムというのは、大型コンピューターをいくつも使って維持するというのが基本とされており、新生銀行以外の多くの銀行では現在もそのような考え方のようです。

しかし、新生銀行では、その考え方を捨て、世界80カ国、200もの銀行で使われているインドのシステムを使うことにしました。

本当に小型なシステムだったため、銀行内で議論があったようですが、この決断により、通常のメガバンクでは年間600億かかるランニングコストを10分の1の60億円に引き下げることに成功しました。

また、小型のシステムの導入によって、支店での、システムに必要なスペースを4分の1に削減したため、その分をお客様向けのスペースや、スターバックスなどのテナントを入れるといったことが可能になりました。

この劇的な変更を行えたのは、インドのシステムの力も当然必要でしたが、銀行という日本一カタイ集団がものの考え方を変えることができたということが大きいわけです。



↑(参考)新生銀行の本




ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 12:16 | 宮城 ☁ | Comment(3) | TrackBack(1) | インド株!(IT)
この記事へのコメント

こんばんは。


マネーの鬼!改め「@ハローワーク」のだいと申します。
平素は相互リンク頂きまして大変お世話になっております。

この度2年間運営しておりましたマネーの鬼!を
突然のきっかけからリニューアル致しました。
リニューアルといいますかサイトごと変えてしまっています。
アクセス数も予想どうり順調に下がっています(>_<

今回メールを送りましたのは大変恐縮ではありますが
リンクの変更をお願いしたくメールを送信しました。


■タイトル変更のお願い

マネーの鬼!
  ↓
@ハローワーク


■リニューアルの理由

「アフィリエイトカンファレンス」という秋葉原で行われた
イベントに参加し、大変多くの刺激を受けたことが一番の原因です。

多くの方々とお話して感じたことは
「まだまだ自分は全然駄目だ・・」
刺激をもらい一念奮起しリニュに踏み切りました。

デメリットも多くあることはわかっていましたが
それを踏まえたうえでのリニューアルです。
このまま消え去ってしまうサイトになるかもしれませんが
どうぞ宜しくお願い致します。


問題点などございましたらご連絡お願いします。



■@ハローワーク

http://www.money-oni.com/
Posted by だい at 2005年06月13日 11:09
takaさん、ごぶさたしております!

フィデリティー買いたさに、丸三証券に口座開設をしました。これから、本格的にインド株の勉強をしていく覚悟です!!!
宜しくお願いいたします。
Posted by シンバ at 2005年06月13日 23:20
シンバさんご無沙汰です。コメントありがとうございます!
フィデリティーは私も全く弱いものですから、こちらこそ教えていただければと思います。

掲示板に「フィデリティー」コーナーを作ってみましたので、口座開設→投資記録なんか投稿していただけると嬉しいです。
Posted by taka at 2005年06月19日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4304039

新生銀行(Keyword Search)
Excerpt: 楽天広場<スコア順検索>にて、ただいま注目を集めているキーワード「新生銀行」でこちらの記事が2021件中、上位 15位にあるため、キーワードサーチのブログランキングで紹介させていただきました
Weblog: キーワードサーチ
Tracked: 2005-06-13 14:09

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。