2005年06月07日

インドのITサービス大手HCLT、NECとソフト開発新会社

 インドのIT(情報技術)サービス大手のHCLテクノロジィーズは、のNEC、NECシステムテクノロジーとソフトウエア開発のための合弁会社を設立することで合意した。

本社はニューデリー市郊外のノイダにあるソフトウエアテクノロジーパーク内に設置する計画。

 出資総額は500万ドル(約5億3500万円)で、出資比率はNEC側が51%、HCLTが49%。

 事業開始は今年10月を予定しており、当初は70人でスタートし、3年後には280人規模に拡大する。

 新会社は主にNECグループ向けにセキュリティー分野や組み込みソフト、またネットワーク関連のソフトウエアなども開発する。また将来的には世界的に輸出する自社製品の開発なども視野にいれているという。

 HCLTのネイダー社長はニューデリー市内で会見し、合弁会社の初年度売上高目標を2500万ドル(約26億7500万円)とし、5年以内には1億ドル(約107億円)を目指す考えを明らかにした。

 一方、NEC側は、合弁会社の設立によりインド以外では調達が困難な技術領域の技術者を安定的に確保することができるとしている。

日本にもあらゆるジャンルの技術者がいると思っていましたが、この記事を見ると、日本には調達が困難な技術者がインドにはいるということになります。

日本と同等な技術を持つ技術者が安価で手にはいるところがインドのメリットかと思っていましたが、技術レベル的に日本人を上回るようなものなんだということに改めて驚きました。

また、インドと日本のつながりは比較的これまで薄かったですが、NECのような大手がインドと接触を持つようになったのは、今後のインドー日本間のつながりに大きな影響を与えていきそうです。

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 12:45 | 宮城 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | インド株!(IT)
この記事へのコメント
ここの実績すごいですね

http://bbs.avi.jp/196072/
Posted by ひろ at 2005年06月07日 14:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。