2006年12月08日

楽天証券で口座開設しよう!

楽天証券のメリットをあげてみました。

メリット 1 インド株ADRを購入できるのは、楽天証券だけ。
インドADR解説
現在のインド株投資のスタンダードは、投資信託ですが、コレでは、自分がイケると思った銘柄に投資できません。

まあ、インドの発展する力を考えたら、投資信託をして、長期投資すれば、まず損をすることはないと思いますが、今後導入されるであろう個別銘柄株購入時期に向けて、知識、ノウハウを蓄えることが出来ませんし、爆発的な上昇はやはり、株とある程度同様な性質を持つADRしかないこと。

メリット 2 ハイパフォーマンスなインド株投信「HSBCインドオープン」を購入可能。

メリット 3 米国株式、外貨建てMMFをリアルタイムで購入可能。

メリット 4 今話題の中国株の購入が可能。今は香港株だけですが、近いうち、上海、深センへも順次拡大する予定。

メリット 5 日本株の取引が有利!

・口座開設後3ヶ月は20万円以下無料!
・「いちにち定額」…1日何度トレードしても50万円まで525円!
 しかも、同一日に売り、買いしたら、片道分だけの金額を算入!
・リアルタイム株価情報、登録株銘柄情報参照可能
・最新のラジオ日経市況、フィスコ市況情報、株式新聞ニュースを参照可能
・マーケットスピードという専用ソフトがあり、優れた操作性、顧客ニーズを常に取り入れた多彩な機能で、プロのディーラー並の環境を整えることが可能!

メリット 6 さわかみファンド社長、中国株の第一人者「司馬毅」などのレポートアリ

メリット 7 東欧・ロシアファンドへの投資が可能「エマージングファンド情報徹底研究!」へのリンク


メリット 8 口座維持管理手数料が無料

私も資料請求をしましたが、細かい資料が送られてきますので、資料請求をして検討するのがいいでしょう。



楽天証券


↑資料請求(無料)





※以下の方は、楽天証券に加え、他の証券会社の口座を開設することをおすすめします。資料請求はすべて無料なので、各社資料請求を行って、資料を見比べてみた方が、ご自分に合った投資が行えるので、よろしいかと思います。

注意1
HSBCインド株オープンを50万口(50万円程度)投資する予定がある方、信用取引をする予定のある方、中国株を手数料を安くしたい方は、下記のオリックス証券をおすすめします。
オリックス証券資料請求(無料)

注意2
HSBCインド株オープンの1万円からの積み立て、国債の口座維持管理手数料無料で購入、不良債権ファンドなどのオルタナティブ投資をお考えの方は、下記のマネックス証券をおすすめします。
マネックス証券資料請求(無料)

注意3
PCA、フィデリティーのインド投信の購入には、下記の丸三証券をおすすめします。
マルサントレード資料請求(無料)

注意4
(日本株)アナリストが徹底分析した調査銘柄を「プレミアムアナリストリサーチ」が必要な方、1ヶ月に換算するとわずか6,300円のライブドアトレード(現物取引)を使いたい方は下記のライブドア証券をおすすめします。
【デイトレーダー必見!】オンライントレードならライブドア証券資料請求(無料)




注意5
振込手数料が通常の金融機関に比べて格安なネット銀行を使った方が得です。証券会社への振込だけでなく、今後のネット社会を考えたら、必要でしょう。

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行




※上記については、管理人の調査の上、オススメを決定していますが、実際の口座開設や、投資については自己責任でお願いします。


●(参考)面白投資サイト
三井物産「ゴールド投資」
三井物産「外国為替証拠金取引」
ヘラクレス市場上場トレーダース証券「日経225先物・オプション取引」
ファイナンシャルプランナーに初回タダで相談可能「myadviser」

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 02:19 | 宮城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(4) | インド株!(金融商品紹介)
この記事へのコメント
やはり、現状では楽天証券が外国株をやるには最有力候補でしょうね。それにしても他のネット証券も中国株ばかりやってないで、米国株の取り扱いを増やしてもらいたいですね。
Posted by applefellow at 2005年06月05日 15:10
applefellow さん、コメントありがとうございます。
そうなんです。違うことをやらないと、儲からないですよね。これはインド株投資にも言えること?(笑)

新しいことをやる証券会社は、今後の発展も見込めるので、安心できると見ます。
Posted by taka at 2005年06月05日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4125400

証券会社での外国株投資について思うこと
Excerpt: 最近は日本の証券会社でも中国株や米国株の取引ができるようになって、グローバルな投資という意味では大分便利になってきました。しかし、中国株に関してはどこのネット証券でも取り扱われるようになってきましたが..
Weblog: モダンバリュー投資
Tracked: 2005-06-05 07:50

インド株チーム6打席での勝利!なぜ?
Excerpt:  5月23日(月)??6月4日(土)の,インド株,中国株の株価指数徹底比較です。 この週は,インド株チームは,土曜にも半日(3時間)の取引があったようで,初の6打
Weblog: インド株・中国株 徹底比較宣言
Tracked: 2005-06-05 13:08

外国為替と外国為替保証金取引のしくみを分かりやすく解説
Excerpt: 吉岡美穂先生が優しく教える外貨exテスト 外国為替と外国為替保証金取引のしくみを分かりやすく解説 ・「外国為替ってそもそもなに?」「為替レートってどうして動くの?」などの疑問はここで全て解決!..
Weblog: 無料インターネットサービス日記
Tracked: 2005-06-05 16:22

3つの金融機関
Excerpt: いつもアクセス・コメント・トラバ・相互リンク・ランキング応援ありがとうございます♪ この記事へのトラックバック・コメントをお待ちしております。 今後ともよろしくお願いいたします。
Weblog: 消費者金融 比較ブログ
Tracked: 2006-07-31 01:29

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。