2005年05月24日

インドのICICI銀がロシアの地方銀行を買収

 インド民間銀行最大手、ICICI銀行は、ロシアの地方銀行インべスティションナ・クレディトニー銀行(IKB)を買収したことを明らかにした。ブルームバーグが伝えた。買収総額は明らかにされていないが、IKBの総資産額は2005年3月末時点で440万ドル(約4億7080万円)。インド銀行によるロシアの銀行の買収は初めて。

 インドの銀行による海外銀行買収では、インド国営銀行最大手、ステート・バンク・オブ・インディアが、2月にモーリシャスの銀行を買収している。

 インドの銀行各行は、NRI(非居住インド人)と呼ばれる海外に居住しビジネスで成功しているインド人を対象にした業務を強化しており、ICICI銀行は同行の収益の10%を占める海外業務を07年末までに30%までに引き上げる計画を明らかにしている。

 同行は、米国、中国、カナダ、シンガポールなど9カ国に支店や子会社を設けており、これにロシアが加わり海外拠点は10カ国となる。

 同行は、インド国内では地方での小口金融業務などを得意としており、インド経済の拡大とともに急速に業績を拡大。2005年3月期の最終利益は前期比22%増の4億6000万ドル(約492億2000万円)だった。

BRICS間でも銀行の買収が始まったというのがポイントですね。

確かにITをはじめとして、これから全世界に進出していくはずですので、NRI向けの銀行も必要になってくるでしょう。しかし、NRIだけでは経営は成り立たないでしょうから、現地の銀行と争う局面がでてくるでしょう。インドの銀行のノウハウは先進国でどこまで通用するか楽しみですね。

しかし、日本もそうですが、金融機関は競争が激しくて、「勝ち組」を見つけるのが非常に難しいので、買いづらいですね。しばらく様子見というところでしょうか。

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 13:16 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(金融)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3865544

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。