2005年05月09日

インド国際電話最大手のVSNL、タイコから光回線取得

インド財閥、タタ・グループ傘下で、国際電話サービス最大手のバーラト・サンチャー・ニガム(VSNL)は、米複合企業タイコ・インターナショナルからの海底光ファイバー購入について米連邦通信委員会(FCC)から認可を得た。

 VSNLは昨年11月、タイコから太平洋、大西洋を横断する総延長5万9648キロメートルの海底光ファイバーを総額1億3000万ドル(約136億5000万円)で購入することで合意していたが、情報配信に重要な役割を担う大規模通信網の売却は安全保障上の懸念があるとして、複数の米上院議員らが4月7日にスノー財務長官に再調査を行うよう申し出ていた。

 インドでは、海外企業からのソフトウエア開発受注事業が急速に拡大し、コールセンター業務の外部委託なども増加していることから、通信企業は大規模容量の情報通信網の確保が急務になっている。

 VSNLのライバル、リライアンス・インダストリーは昨年1月に、英国企業から総額約2億ドル(約210億円)で国際通信回線を購入している。

 VSNLは「今回の光ケーブル取得により、わが社の顧客は複数のプロバイダーと契約することなく、広範囲の国々を結ぶサービスの提供が受けられることになる」との声明を発表した。

インドはソフト産業で世界のトップにいますが、ハード面でもそれに追いつくように伸びてくるのでしょうね。

VSNLは以前、ADR銘柄として掲載しましたので、ご覧くださいね!
VSNL 

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 23:29 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | インド株!(IT)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


国際電話の国番号
Excerpt: 国番号:380◆参考データウクライナは東ヨーロッパの国。東でロシア、南で黒海、西でハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北でベラルーシに接し、ウクライナのクリム半島にはクリミア自治..
Weblog: 国際電話の国番号
Tracked: 2005-05-11 18:07

「信用取引」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 信用取引 」の検索結果で、「インド株徹底研究!一般家庭の .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-15 14:50

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。