2005年04月15日

インドの住宅・住宅金融事情3

楽天証券で、新たにADR銘柄が増えましたが、そのうちの一つ、HFDC(インドの住宅金融公庫のようなもの)について、書こうと思いましたが、それに当たっては、まず、インドの住宅事情を理解する必要があります。

連載の3回目です。

●住宅金融開発会社(HDFC)の設立

民間商業ベースでのフォーマルな個人向け住宅金融としては、1977 年10 月の住宅金融開発会社(HDFC)の設立に始まる。HDFC は、設立者がイギリスの住宅金融組合(Building Society)に範をとり、インドでも同様の住宅金融機関を設立したいと考え、世界銀行グループの一員である国際金融公社(IFC)と協力して設立したものである。

 その後、政府において@住宅建設および持家取得の促進には、特に中低所得者層にターゲットをおいた住宅金融システムの発展が必要である、AフォーマルセクターでのHDFC
成功を受け、新たな住宅金融会社が育ちつつある、といった認識が高まり、インド住宅セクターの発展という巨視的な見地から健全な住宅金融機関の発展を推進する機関として、1987 年に国立住宅銀行(NHB)が設立された。

 NHB は、商業銀行・住宅金融協同組合・HFCs が行う民間住宅ローン(主に中低所得者向け)について、リファイナンスによる資金供給を行うことを主な目的としている。

またNHB の設立に伴い、ノンバンク金融会社というカテゴリーから民間の住宅金融会社HFCs)が分類・分離され、NHB が監督銀行(Apex Bank)としてその指導および監督に当たることとなった

1990 年当時は、NHB が設立されて間もない頃で、インド政府としてまさに個人向け住宅金融を着実に推進していこうと取り組みつつあった時である。

そこには、新たなインド金融セクターの規制緩和の動きの中で、徐々に金利が自由化されることが予測された時期に、中低所得者層向けに比較的低利で条件の良い住宅ローン供給の確保を目指す、という意味があった。

日本でも、公共団体が、一定の条件を備えた居住者に金融機関を通じて住宅ローンを融資する制度が残っています。これを国でやっているようなものですね。


※リファイナンス・スキーム

インドにおける「リファイナンス」は制度金融の一つ。

政策上優先セクターに公共投資を行う公的開発金融機関がその機能を備えている。

リファイナンス機能を備えている銀行はApex Bank(監督銀行)と呼ばれ、インド工業開発銀行、インド工業金融公社、インド輸出入銀行、全国農業農村開発銀行等があり、国立住宅銀行もその中に含まれる。

リファイナンスとは、各Apex Bank が定める条件で融資を行う所定の金融機関に対し、それら金融機関が貸付けた金額相当分を事後的に貸し付け、貸出資金を補填する制度。

HFDCのHP

HFDCのチャート 

ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 20:27 | 宮城 ☀ | Comment(9) | TrackBack(1) | インド株!(金融)
この記事へのコメント
はじめまして、Deltaと申します。
TOP相互リンクをお願いしたく、コメントを入れさせていただきました。
こちらはTOPリンクとリンク集にリンクしています。
サイトご覧いただき、どうぞよろしくお願いいたします。

1 Delta
2 Delta株取引研究所
3 http://www.dsri.net/
4 証券会社におけるインターネット取引時の手数料やサービス内容の比較一覧や株講座、株ブログのあるサイトです。
5 delta@dsri.net
Posted by Delta at 2005年04月15日 21:19
クリックするだけで500円がもらえるかも!?
Posted by 未来 at 2005年04月16日 14:19
Deltaさん、はじめまして!遅くなってしまってごめんなさい。TOP相互リンクのご連絡ありがとうございます。こちらもTOP相互リンクいたしましたので、ご確認ください♪
Posted by taka at 2005年04月17日 11:45
1 為吉
2 外為投資倶楽部
3 http://gaitame.sportswalker.net/
4 外国為替証拠金取引の、必勝法・取引業者の選び方・実践録を公開。
5 indo@sportswalker.net

taka様

はじめまして
外為投資倶楽部というサイトを運営している、為吉と申します。

突然で失礼ですが、TOP相互リンクを希望しております。

当サイトTOPページからのリンクは、すでに完了しています。
ご確認下さい。
http://gaitame.sportswalker.net/

可能なようでしたら、何卒宜しくお願い致します。
Posted by 為吉 at 2005年04月18日 00:51
為吉さんはじめまして。ご連絡ありがとうございます!TOP相互リンクいたしましたので、ご確認ください。これからも末永くよろしくお願いします♪
Posted by taka at 2005年04月18日 12:15
はじめまして。
インド株の投資に興味ありありです。
参考にさせてもらいます。
よろしくお願いします。


Posted by 生きてるだけだ丸儲け at 2005年04月18日 20:55
takaさん

平素より大変お世話になっております。
外為投資倶楽部の為吉です。

この度は、TOP相互リンク、誠にありがとうございます。心より感謝致します。

私は、特に、海外投資に興味がありますので、こちらこそ、末永く宜しくお願い致します。
Posted by 為吉 at 2005年04月18日 22:49
インド株大変興味あります。
いろいろHPで勉強させていただきます。
頑張ってください。
Posted by サヤ取り at 2005年04月20日 16:27
サヤ取りさん、コメントありがとうございます!

励ましメールいただけるととても嬉しいです!

最近は12時頃に帰宅する事が多いので、週1度くらいの更新ですが、お時間があるときに遊びにいらしていただけると嬉しいです。

商品先物について研究されているのですね!なかなか、素人にはとっつきづらいですが、これから勉強させていただきますね!
Posted by taka at 2005年04月20日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2979068

2005年度予算案をのぞいてみましょう!
Excerpt: インド株の株価指数はNY株式市場の軟調の影響も受け 冴えない展開となっております。 6100ポイント近辺まで下げてきました。 今後の展開が見物です。 さて、インド株主要株価指数は、先月には700..
Weblog: インド株の歩き方
Tracked: 2005-04-19 21:58

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。