2007年01月09日

インドADR「sify」(管理人投資中)がオールアバウトでとりあげられる!

sifyの概要はご覧いただいているとして…

さまざまなジャンルのプロがガイドするHP「オールアバウト」でインドのグーグルになるとして当サイト管理人が期待している「sify」が掲載されています。

やはり、ポータルサイトとしての実力を評価しているようです。

インドのソフトウェア会社とのつながりが強い会社ですから。検索エンジンとソフトウェアの融合が可能であり、より高いレベルのサービスを提供できるようになる実力は十分にあります。

株価は行ったりきたりしていますが、あと10年後、インドADRが発売されている企業の中ではもっとも大化けしそうな銘柄です。

最近では

「インドの成長率9%」
とか
「携帯電話市場の伸び率が世界一」

など景気のいいニュースが踊っています。国土の広いインドですから、必ず10億総インターネット時代がやってきます。日本市場の10倍ですから、メジャーポータルサイトを運営するsifyが大化けするのは確実と私は見ています。(中期的にですが…)

私はADRを楽天証券
で買っています。

楽天証券は日本株、投資信託、インド株など、自分が投資したさまざまな資産の合計を示すページがあるのですが、それを見ると、

「ああ、なんであの時インド株に投資しないで日本株に投資してしまったのだろう…」

という気持ちが高まってきます。もう日本株は買いません…。
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 18:43 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(金融商品紹介)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27467559

ビッグビジネスチャンス・11月17日発動!!!
Excerpt: 巨大なビジネスが動き出す。 10年に一度のネット界のビッグチャンスを物にしろ!!
Weblog: インフォトップ・ビッグビジネスチャンス到来!!
Tracked: 2006-11-17 21:02

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。