2005年03月27日

インド成長率8%!

まずはこのニュースを。

 インドのマンモハン・シン首相は、2005年度(05年4月−06年3月)の経済成長率が市場予想より高い8%に達するとの見通しを示した。

同国南西部のプネ市での会見をインド紙フィナンシャル・エクスプレスが報じた。

 04年度は6.9%の経済成長となる見通しで、05年度も同程度の成長予測が多いが、シン首相は「8%成長は、政権の優先課題である農村地域の教育、保健衛生問題の解消を後押しする」と述べた。

また「5年以内にすべての就学対象児童を学校に行けるようにする」とし、教育問題を重視する姿勢を強調した。

 シン政権は05年度予算案で、教育関連支出を倍増させるなど、貧困層対策を強化している。

とのこと。

7%程度の成長であれば、やはり、現在の中国の方を買う!という意見もありますが、8%ともなると、現在、株価等が中国の水準より低いことを考えば、投資してもイイかなと思っています。

それに、何度も言っていますが、これから成長する国々は、先進国の悪いところを見ながらそこを修正して成長してくるので、将来的にはより高い成長率が見込めると思っています。

シンガポールの大統領は、日本を反面教師にしてきたとハッキリ言っています。

教育の重視→さらなるIT関連人材の育成 という方向に進んでいくでしょう。



ひらめき〔株式・投資〕ランキング!ひらめき




ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 13:50 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(全般)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インドに投資する理由
Excerpt: インド人が数学に強いことは良く知られていますよね。 ITや医療、金融などのセクターが急速に成長し注目されているのはそのことにも関係していることでしょう。 理数系に弱い我々日本人にはピンときませんよ..
Weblog: ビジネスと健康
Tracked: 2005-07-08 00:25

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。