2005年03月19日

ADR新規組入銘柄紹介1 Videsh Sanchar Nigam(VSNL)社

楽天証券で、3/24購入分から、新規に6社、ADRを購入できるようになり、合計10の企業のADRが購入できるようになりましたね。

早速、各企業について調べてみました。


今日は、通信大手のVidesh Sanchar Nigam(VSNL)社について調べてみました。

●VSNL 社について

・世界で初めて「TL 9000」認定を受けた電気通信サービス プロバイダー

・インド最大手の国際通信および国内通信サービスのプロバイダー

・国際長距離電話サービスだけでなく、長距離国内電話サービスでもインド全土でリーダーシップを発揮している

・インドの法人向けデータ サービス 市場のリーダー。

・全世界の 80 以上のキャリアと良好な関係を築いている

・Tata(財閥)傘下

・個人および企業向けの活動を急速に強化させており、インターネット接続サービスの加入者ベースはおよそ 80 万人にも達している。

・スリランカやシンガポール、ヨーロッパ、米国で活動を開始している。

・海底と衛星の両方を通じた同社の通信機能はインドで幅広く利用されており、ホールセールや法人、リテールなど、あらゆるカスタマー セグメントで不可欠なものとなっている。

・インドの主要な証券取引所すべてに上場。

最近では、NTTコミュニケーションズと組んで、バンガロール(詳しくはこちら)にIP-VPN通信設備を共同で設置し、平成17年1月より「ArcstarグローバルIP-VPNサービス」の提供を開始している。

つまり、日本でいうと、解体前のNTTのようなものであり、今後経済が急激に成長するインドでは、成長が間違いない企業の一つであるといえる。



ひらめき〔株式・投資〕ランキング!ひらめき




ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 16:20 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(IT)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


速報:楽天証券、インドADRを大幅増強^^
Excerpt: 新しく6銘柄が加わり、 全部で10銘柄のインド株ADRが購入可能となってます。
Weblog: 『インド株・・』投資でビジョンをカタチにする
Tracked: 2005-03-20 04:56

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。