2005年03月17日

インドの携帯電話

フジサンケイビジネスアイから以下のニュース。

ノキア、インドに携帯電話工場を建設へ 従業員2000人規模

フィンランドの携帯電話端末大手、ノキアは近く、15億ドル(約1575億円)を投じてインドに携帯電話端末の工場を建設する。

 ノキアは現在、複数のインド国内の州政府と工場進出先について調整を行っており、各地域のインフラ整備の状況などについて調査中。

新設する工場で生産した携帯電話端末はインド国内市場で販売するだけでなく、他のアジア地域にも輸出する予定だ。

 インドの携帯電話保有者数は2004年に一般電話保有者数を超え、利用契約者数は約5000万人程度に達したとみられている。地方部では一般電話網の整備が遅れており、携帯電話が有力な通信網になろうとしている。

 経済成長にともない、携帯電話の需要が拡大し07年末には現在の4倍の2億人に達すると予測されており、世界で最も有望な市場の一つとして注目されている。

とのこと。

一般電話網の整備よりも携帯電話が普及するというのは違和感がありますね!
最初から一般電話を引く必要がないので、携帯電話をパソコンにつなげてアクセスするのにかかる費用が減るなど、先進国より、先端を進む可能性がありますね。

また、IT産業が盛んなインドにとって、携帯電話の利用目的が無限の広がりを見せるように思われます。単に後進国が成長することによる携帯電話の普及ということより、更に爆発的な伸びを示すように思われます。



ひらめき〔株式・投資〕ランキング!ひらめき







ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 00:31 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。