2005年02月28日

インドIT産業について9〜HCL Technologies Ltd. 〜

HSBCインドオープンの組み入れ銘柄研究です。当然、都度組み入れ銘柄は変わっていくので、都度企業研究をする必要があります。

これから、現段階で組み入れ銘柄7位のHCL Technologies Ltd. をご紹介していきます。

というのも、この会社はインドIT企業で、5本の指に入ると言われているため、投資信託への組み入れの可能性が今後も高いからです。まずは概要を。


会社名 HCL Technologies Ltd.

業種 グローバルITサービス

会社設立日 1991年11月12日

会長 兼 社長 兼 最高経営責任者 シブ ナダール(Shiv Nadar)

社員数 12,000名(2003年11月付)
※関連会社を含む

事業所 世界15ヶ国 26ヶ所
フォーカス市場 アメリカ、ヨーロッパ、 アジア太平洋地域、日本

顧客 世界的優良企業約350社

総収益 3億8,787米ドル(2003年6月期)

オフショア収益率 80% (2003 会計年度)

HCL の歴史は、6人の起業家 ( シブ ナダール と5人の共同事業者 )がインドでコンピューターシステム&サービス・ビジネスを起こす決意をした1975年に遡ります。

彼らは数多くの起業当初の難問に直面し、更に当時インドでベンチャーキャピタルが不足していたにもかかわらず、1976年Hindustan Computers Ltdという名称でニューデリー郊外に最初のオフィスを開設しました。

今日、HCL Technologies はインド・ノイダに本社を置くグローバル・インフォメーション・テクノロジー企業として、インド、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域及び日本の様々な場所に7,800名以上のITプロフェッショナル を雇用しています。

更に、HCL Technologies は16ヶ所に及ぶ完全稼動中最先端ソフトウェア開発センターを持っています。

HCL Technologies は、日本にも関係が深いため、次回は日本との関わりをご紹介します。

HPはこちら 



ひらめき〔株式・投資〕ランキング!ひらめき

↑「ゆうかのとれーど」
  ついに恐れていたことが…
  





ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 21:11 | 宮城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(IT)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。