2006年07月25日

インド株が2%上昇、利上げには反応薄

25日のインド株式市場は、他のアジア株式市場の上昇につれて2%高で推移している。
 インド中央銀行はこの日、指標となる短期金利(リバース・レポ金利)を25ベーシスポイント引き上げ6%にすると発表したが、市場の反応は薄い。

金利の上昇以上に経済指標が良くなっています。

このところの下げはやはり、中東や北朝鮮問題といった軍事的な問題がリスク資金に投資するのを嫌わせたためと思われます。

長期的に見れば安全な投資先であるインド。

長期投資ができない機関投資家にとってはリスク商品と言えるのでしょう。

機関投資家が資金をストップすれば市場も停滞するのは必須。

我々個人投資家は、将来的には上昇するものの、一時的な下降は投資のいいチャンスと見て拾っていくという考え方でよいでしょう。

ボラリティーの高いインドこそドルコスト平均法が生きる投資先と思われます。





ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 21:05 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(全般)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。