2005年02月24日

HSBCインドオープン組入企業紹介6〜MARUTI UDYOG社4〜

中国株を一部ユナイテッドワールド証券で買ったのですが、使い勝手が悪いですね。

何かというと、購入したときの金額などが、今からさかのぼって、3ヶ月分しか見れないのです。

苦情を言ったら、以下のメールが

taka 様

日頃は弊社をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。
また、お問合せをいただきましてありがとうございました。

現在のところ、取引履歴は、システムの都合から、当面は、3ヶ月分の取引履歴とさせていただきます。
なお、それより以前の分につきましては、お手数ではございますが、弊社よりお送りしております『取引残高報告書』にてご確認をお願いいたします。

なお、所有しておられないが、注目しておられる銘柄につきましても、『ウオッチ銘柄』としてご登録していただくことで、株価を確認できるようになります。

ウオッチ銘柄につきましては、新取引画面の『情報・株価検索』の『ウオッチ銘柄』よりご登録していただくことができます。

とのこと。

これから買う人のことばかり考えて、買った人はどうでもいいですということでしょう。

口座管理手数料は取るわ、わけのわからんシステムを作るわで、ガッカリです。

こういうことをされると、やはり大手じゃないと心配だってなことになってしまいます。

後進の証券会社にとってマイナスになっちゃいますよね。。。


さて、一昨日の続きから、最近のMARUTI UDYOG社についてです。

 海外からの投資が自由化されたことで、外国自動車メーカーとの競争は今
後ますます熾烈化していくことは間違いない。

 インド政府は、スズキ側に持ち株の4%を、対価10億ドルで譲渡した。これで、スズキがMarutiを支配することができるようになった。さらに政府は残りの所有株式の27.5%を公開することを決め、2億 1,500万ドルを得た。

 さっそく、生産能力アップと流通整備への投資を決め、2003年度、同社のシェアは4%増えた。2003年会計年度は 40%の増益を記録した。

BombayにあるKotak Securities社は、Marutiの売上高は、今後2年間で 25%以上伸びると予測する。

Marutiの建て直しに貢献したのは、前販売部長で、現在取締役のJagdishKhattar 氏である。1999年に現在の職に就いて以来、全従業員の 20%にあたる 1,100人に話し、早期退職を承諾させた。また、3億ドルを投入して、生産能力を3倍にし、生産台数を年間35万台の生産体制を確立した。

 さらに、新しいモデル3車種を発表した。昨年7月初めには、人気車種のコンパクトカー Zenの2ドアタイプ(8,350ドル) が発売された。

 スズキの湖西工場のシステムをそっくり真似て作られた New Delhi郊外に立つMarutiの工場では、生産が拡大している。

営業担当として日本から派遣されてきたベテラン斉藤欣二氏は、インドをスズキの世界輸出拠点にするべく準備を進めている。

また、現在インド国内にある 159のショールームを、車の販売のほかに、ローンや自動車保険から、中古車販売まで、すべてがここで間に合うようにしようと改造中である。

これによって、ディーラーの売上高は1年で 40%も増えた。ディーラーは、顧客との接点として最も重要だというのが斉藤氏の考えである。

結果、2004 年インド自動車セールス満足度(SSI)調査で第1位をとり、しかも、「納車プロセス」、「納車タイミング」、「セールス担当者」、「販売店設備」、「書類手続き」、「取引」のすべてのファクターで1位をとるという偉業を遂げた。

明日はMARUTI UDYOG社最終回です!

ちなみにインドファンドを買い増ししました!他のインドファンドにも分散していこうか悩んでます。。



ひらめき〔株式・投資〕ランキング!ひらめき

↑「ザラ場の歩き方」
  「20代新妻による、別の意味で癒し系な日記」ですって!







ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 19:19 | 宮城 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | インド株!(自動車関係)
この記事へのコメント
takaさん、こんばんわ。
UW証券の話、私も利用していますが、全くそうだと思いました。
管理料もとるし,手数料も高いし,おまけにシステムは使いにくいし。
たとえ移管手数料を取られても、他の証券に移管するつもりで動いています。
貴重なニュースを教えてくれるわけでもなし、全ての株を移管したら、もう二度とUW証券とは取引しないでしょう。
Posted by Go at 2005年02月25日 01:03
goさん、コメントありがとうございます!

共感してくれる方がいて嬉しいです(笑)

移管手数料って結構とられますよね?

私は、新規から違う会社で買おうかと思っています。ケチ?(笑)

どこの証券会社がいまならオススメなんでしょう?いろいろ会社が出てきましたが、研究不足なもので…
Posted by taka at 2005年02月25日 06:15
返事遅くなってすいません!
あんまり深く調べたわけではありませんが、
楽天証券が取引10万円までなら525円という
手数料で取り扱いしています。
恐らくこれほど安いのは他ではないのでは?
ADRでのインド株購入を検討して、楽天証券に
口座を開くのでココに海外株式は
集結させようかと個人的には思いますね。
サポートがどうなのかというのはもう少し
時間がたってみないとコメントできませんね。
また、そのときはコメント書き込みますねー。
Posted by Go at 2005年02月27日 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。