2007年09月10日

マネックス証券で口座を開設しよう!

マネックス証券は管理人がおすすめしています!

どんなところがおすすめなのか、わかりやすくご説明します!


1 株式売買手数料→業界屈指のロープライス!


インターネットからご注文の株式売買手数料は、屈指のロープライス。特に20万円以下の約定では最強です。


2 口座開設費用・口座管理料は当然無料!

  情報サービス利用料も一部を除き無料です。

3 オルタナティブ投資を進めていきます!

<オルタナティブ>とは「代替」「代わりの」といった意味です。株や債券を買うという伝統的な投資手法に加えた新しい投資対象として今後注目の投資対象です。

今後マネックス証券は、伝統的な投資商品に加えてオルタナティブ投資商品を幅広く個人投資家に提供していく予定です。

株や債券を買うという伝統的な投資手法を超えて、新たな運用手法を使ったり、或いは新たな投資対象に投資を行いより高いリターンを追求して、投資ポートフォリオ全体のリスクとリターンの関係を向上させる投資のことです。

「ヘッジファンド」「ベンチャーキャピタル」「再生ファンド」「不良債権ファンド」などさまざまな投資手法、投資対象が存在します。

4 夜間取引 1コインキャンペーン(500円)

平日17時から23時59分まで。取引所の終了した夜間の株取引を、マネックスの私設取引システムが実現させました。

5 貸株サービス!

マネックスにお預けの株式を、マネックスに貸出すことで金利がもらえる画期的なサービスです。

株式から値上がり益、配当金に続く「第三の収益」が生まれます。株式の時価に応じて日々金利が付与されるうえ、売買に関する制限も一切なし!

6 マネックスカードを作れば、送金が格安に!郵貯ATMを使えるから便利! 

全国の郵貯ATM等で使えるマネックスのキャッシュカード。入出金がこの1枚で自由自在!


7 HSBCインドオープンを含め、良質な投資信託を選べる!

マネックスの投資信託はセレクトショップ形式。いたずらに本数を競うのではなく選びやすく商品を厳選。日本株、外国株といったカテゴリー別のわかりやすい分類もご好評いただいております。

●HSBCインドオープンについて
中国の次はインドに注目!マネックスはオンライン証券で初めて、インド株式で運用される投資信託の取扱を開始しました。世界2位の人口を擁し、経済成長路線を走り始めたインドから目が離せません。お申込はお手軽な1万円から。


日本国内からインドの個別株式を購入するのは手続き上、困難です。現地では日本を凌ぐ数の銘柄が上場さ れておりますが、情報収集力に限界のある個人投資家がその中から有望な銘柄を選別するのも大変な困難が予想されます。

⇒投資信託なら個別銘柄ごとのリスクが分散されるうえ、インド経済・インド株式に造詣の深い専門家の力が活用できます。

●HSBCグループの運用です
HSBCグループは、インドでは最大にして最古の外資系金融機関。同グループはロンドンを本部とし、世界76の国と地域に1万を超える拠点・23万人を超える従業員を擁する総合金融グループです。

・ インドのムンバイを拠点とするHSBCアセット・マネジメント・インディア・プライベート・リミテッドよりインド株式運用に 関する投資助言を受け、HSBCアセットマネジメント香港社が運用を行います。
・ 投資にあたってはトップダウンのアプローチ(世界経済、インド経済、政治情勢などの分析からセクター配分を決定)とボトムアップのアプローチ(財務諸表によるスクリーニング、会社経営陣との面談、他国・他地域企業との比較などから銘柄を選定)を併用。

●1万円からお買付、積立も可能
国内投信なので1万円から定額でのお買付が可能です。また毎月決まった金額をお買付いただく「月次定額積立」、セゾンカードを使った「カードde自動つみたて」もご利用いただけます。

●このような方はご購入をご検討ください
・ 分散投資の一環として資産の一部をインド株式投資に振り向けたい
・ インドに精通した専門家にインド株式投資の銘柄選択を任せたい
・ 少額で少しずつインド株式市場への投資を長期で行いたい


9 個人向け国債は口座管理料無料!

10 外国債券、信用取引、先物など、豊富な承認ラインナップ!

〜管理人からのコメント〜

次に当てはまる方はすぐに口座を開設しておく必要があります。

なぜならいい金融商品が出たらすぐ買わないと価格が上がってしまうからです。


・忙しいので、夜間取引や指値のバリエーションが多い証券会社を使いたい。

・手数料が安い証券会社を使いたい

・世界分散投資をしたいので、HSBCインドオープンに投資したい。特に積立をしたい方は最適。



マネックス証券の資料請求はこちら↓
(資料請求は無料なので、まずは資料請求をしましょう!)


マネックス証券










ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 22:19 | 宮城 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | インド株!(金融商品紹介)
この記事へのコメント
おひさしぶりです。いつも楽しく拝見さしてもらっています。最近の投資状況がきけないのが残念です。
Posted by システムトレード at 2009年09月17日 06:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。