2005年02月16日

インドの資源・エネルギー事情第7回〜インドの石油関連企業2〜

吉野家、上げてきましたね。176000円。購入が158000円なので、いい感じになってきました。予定では20万になったら売るということですので、乞うご期待。


昨日に引き続きインドの石油関連企業について。

B MRL(Madras Refineries Ltd.)

MRLは、1965 年に国営石油精製会社として設立され、現在マドラスに6.5 百万トン、ナマリナムに0.5 百万トンの製油所を持つ。

C BPCL(Bharat Petroleum Corporation Ltd.)

ボンベイ(ムンバイ)製油所に6.9 百万トン/年の製油所を持つ。

精製能力シェアは低いものの、物流と販売部門に強く、販売シェアは20%で第3 位である。

インド唯一のMTBEを製造。

MTBEとは…大気汚染を防ぐために自動車用ガソリンに入れられる添加物のこと。

発ガン性物質が含まれている可能性があるといわれている。

BPCLはHSBCインドオープンで組み入れ銘柄15位となっている。組み入れ比率1.97%。

D CRL(Cochin Refineries Ltd.)

CRLは、1963 年にインド政府、米国Phillips Petroleum Co.、カルカッタのDuncan
Brothers Co.のジョイント・ベンチャーとして設立された精製専門会社である。

現在、カルカッタに7.5 百万トン/年の製油所を持つ。

続きは明日!



ひらめき〔株式・投資〕ランキング!ひらめき

↑史上初の20位以内!クリック応援よろしく!!





ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 00:11 | 宮城 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | インド株!(原油)
この記事へのコメント
takaさん、こんにちは。
香港資産運用奮闘記のkz@銅鑼湾です。

最近、日経新聞を見てもインド関連記事多いですね。
インドの石油関連銘柄、面白そうです。

ちょっと質問なのですが、
ファンドではなく個別銘柄は、今のところ
外国人は直接購入できないのですか?

Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年02月16日 13:59
kz@銅鑼湾さん、コメントありがとうございます。

研究不足であることは否めないのですが、、外国人投資家は相当税率が高くて、投資環境は悪いようです。機関投資家も入りづらい業界のようなので、個人投資家はもっときついようですね。

現状は規制緩和を待つしかないようです。
インドの証券会社に外国人がアクセスして購入できるかどうかは申し訳ありませんがわかりません。

その当たりはkz@銅鑼湾さんの方がプロっぽいですよね?
Posted by taka at 2005年02月16日 18:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インドの若年労働者層が世界を揺るがす?!
Excerpt: インド株については、まずインドの情勢を冷静に知りましょう。 さてさて、本日の日経新聞国際面からの引用です。 「インド、最大の15億人へ。潜在力と火種を内包」 国連によると、インドの人口は..
Weblog: 香港資産運用奮闘記 by kz@銅鑼湾
Tracked: 2005-02-16 13:55

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。