2005年01月31日

(インド株関連)インドIT産業について7〜Satyam Computer Services Ltd. 〜

中国銀行の朱民・頭取補佐が今後6−18カ月の間に、人民元レート引き上げは行なわれない」との見方を示したそうです。G7を来月に控え、このタイミングでの発言は、どんな圧力があっても中国は屈しないと言っているようなモノ。投資マインドが再度冷え込まないといいのですが…。

さて、楽天証券でADRを購入できるインドのソフトウェア企業の一つが「Satyam Computer Services Ltd.」です。昨日に続き研究というほど情報は収集できませんでしたが、これから更に情報を収集していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

〔概要〕Satyam Computer Services Ltd.

1 インド第3のソフトウェア会社

2 設 立 1987年

3 資本金 1千500万USドル

4従業員数 17,600名(2005年1月20日現在)

5本社…インドのバンガロールのあるカルナータカ州の北隣、アンドラプラテーシュ州のハイデラバード近郊
 研究センター…インド・イギリス・UAE・カナダ・シンガポール・マレーシア・中国・日本・オーストラリア・ハンガリー

6 主要顧客 350社を超えるグローバルクライアント(うち109社がフォーチュン500企業)
       →マイクロソフト、IBM、オラクル等

       60社を超えるビジネスおよびテクノロジーリーダーとの提携(6大陸45カ国に進出)

7 売上   2004年の売上が26%から28%増になると見込んでいる

8 最近のニュース


・世界で全組織規模のSEI CMM® Level 5達成した最初の10社のうちの1

・世界初のISO 9001:2000認証取得企業(2000年)

日本サイト      http://www.satyam.co.jp
グローバルサイト   http://www.satyam.com
ヤフーファイナンス  http://finance.yahoo.com/q?s=SAY&d=t

※ 今後も最新ニュースを更新します!



ワンクリックお願いします!!!
人気blogランキング!
週間in31850アクセス「明日の注目銘柄 by7777」
雑誌Big Tomorrow掲載「小娘のトレード日記」
爆上情報満載!「勝株の法則」
Yahoo!登録ブログ「ど素人の中国株日記」
など、人気ブログ満載!

金持投資家をチェック!


株・投資 ランキング


株専門ブログランキング・カブログ



 『大富豪』や『億万長者』と呼ばれる成功者たちには、共通した秘訣がありました。その秘訣を集約したナポレオン・ヒルのガイドブックを『全員』に『無料』でプレゼント!
▼ガイドブックはここから▼


Click Here!




あなたを「幸せなプチ投資家」(経済的自由人)に変えるための資料を無料プレゼント中。
                 


当サイトホームへ!!











ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 18:18 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(3) | インド株!(IT)
この記事へのコメント
トラバありがとうございます!
「中国株を始めよう!」のG-Kです(^○^)
インド株にも、実は興味があるんです!
これからも、よろしくです!よろしければ相互リンクお願いします!
Posted by G-K at 2005年02月01日 09:27
トラックバックありがとうございました。
私もFP3級は持っています。
歴史は繰り返しますから、中国株は、正解です。
ただ、よく分からないという危険性があります。
株は、余裕財産で分散投資するのが、一番です。
Posted by k53372 at 2005年02月01日 18:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


敗者のパターンを知る!その2
Excerpt: こんばんわ!元敗者の投資マスターです(笑)   ちなみに、『元』ですので、ご安心を(^^)   それでは、今日も当時の私を含めた敗者がよくやる間違い について書きたいと思..
Weblog: 初心者でも株式投資なら年収426万円は稼げる!
Tracked: 2005-01-31 23:20

お薦めリンクサイト
Excerpt: Fagus Forest のネタ元サイトです。 ●政治・経済 ・溜池通信 アメリカウォッチャーのかんべえさんのサイトです。 一昨年のベストセラー 『アメリカの論理』の著者で、 それ以降、私もこの通信..
Weblog:   Fagus Forest
Tracked: 2005-02-01 00:36

証券会社を選ぼう・・・その2
Excerpt: 証券会社を選ぶ上で重要なのは、昨日お話したとおり、売買手数料の安さ、情報の充実、
Weblog: 中国株を始めよう!
Tracked: 2005-02-01 09:34

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。