2005年01月28日

(インド株関連)インドIT産業について4〜インドのソフトウェア産業が発展した理由〜

NHKの海老沢元会長が、顧問を辞めたようですね。
すべては権力者が全面的に責任をとるべきです。退職金も当然カット。商法上は会社に損害を与えた場合、取締役等は損害賠償することになっています。特殊法人のトップは適用されないのでしょうか?

ところで、代表取締役は取締役会で、取締役は株主総会で選任されますが、顧問って…コネ?誰か教えてください。

〔インドのソフトウェア産業が発展した理由〕


成長できた理由1「IT産業の教育システム」

インドは、英国から引き継いだ教育システムを持ち、その教育水準も高い。

単に、国全体の人口が多いだけでなく、技術者の人口割合も多い。

しかも、ASEAN諸国などにくらべると、賃金の水準はかなり低い。

そんなに多く、しかも優れたソフトウエアの技術者がなぜ生まれているのか。

もちろん、人口の多さもあるが、質の良い教育機関の数が多いということが挙げられる。

175の大学および短大。その他の教育機関をふくめると、500近い機関が存在するという。

また、、インドの伝統的な数学の教育方法が、優れた思考方法を生んでいるとのことだ。


2桁×2桁の計算を小学生が暗算でできるのは有名な話だ。


成長できた理由2「言語」


 インドの共通公用語は英語である。その普及度は、シンガポールや香港よりも高いと思われる。

特に、教育とビジネスにおいては英語が普通に使われている。

このことは、最新技術情報の入手と、おもな市場の北米、欧州へのアクセスには全く不自由しないということである。

成長できた理由3「人件費」

日本が中国に資本投入するように、欧米諸国がインドに投資するには理由がある。

ひとつは中国と同様、人材が豊富でローコストであること。

しかし、いまは、開発コストが安いが、現地で米国系のソフトウエア会社が、金にものをいわせて優秀な人材をヘッドハンティングしまくっている。

このため、年間で100%近く給料が上がった例もある。人件費の上昇は競争力を確実に落としていく。

ただし、後で述べるが、インド人は創造性という付加価値があるため、一定に競争力は残ると思われる。

次回は、日本企業とインドIT産業の関わりについて述べたいと思います。



人気blogランキング

金持投資家をチェック!

バケモノサイト多!


株専門ブログランキング・カブログ






 『大富豪』や『億万長者』と呼ばれる成功者たちには、共通した秘訣がありました。その秘訣を集約したナポレオン・ヒルのガイドブックを『全員』に『無料』でプレゼント!
▼ガイドブックはここから▼


Click Here!





あなたを「幸せなプチ投資家」(経済的自由人)に変えるための資料を無料プレゼント中。
                 



 当サイトホームへ!!  







ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 19:53 | 北京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(6) | インド株!(IT)
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます
顧問は会長が任命するようなんですが・・・
ほとんどコネっていうか顧問になるようなしすてむになってるのかな?と思ってしまいます
Posted by まこりん at 2005年01月30日 00:11
トラックバックありがとうございます。
顧問辞任になって本当によかったです。
当たり前でしょ。
っていうか就任したことが間違っていたので、こうなることを予想できないNHKに同情してしまいます。

かわいそうですよね。
こんな経営陣しかいなくて。
Posted by NTTYZ at 2005年01月30日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1747668

インド企業ランキング??自動車??
Excerpt: おはようございます。 今日は日経のIRイベントで、大器晩成で伸び悩んでる(株価)
Weblog: 『インド株・・』投資でビジョンをカタチにする
Tracked: 2005-01-29 14:26

魅惑のインド株
Excerpt: 今週はSPAやR25(リクルートが出しているフリーペーパー) でインド株の記事が
Weblog: 『インド株・・』投資でビジョンをカタチにする
Tracked: 2005-01-29 14:26

潔さってのがないのかい
Excerpt: NHKの海老沢前会長が顧問を辞任しましたね。あれだけ視聴者の怒りを買ったのに、すぐには辞任せずになんとかごまかそうとし、それが無理だと分かったら、辞任はするが顧問に就任。ホント、「素晴らしい」粘着力で..
Weblog: 痛快!読書道
Tracked: 2005-01-29 23:40

magazine subscription
Excerpt: love this site! check out my magazine subscriptions
Weblog: magazine subscription
Tracked: 2005-02-06 18:59

magazine subscription
Excerpt: love this site! check out my magazine subscriptions
Weblog: magazine subscription
Tracked: 2005-02-06 19:21

小泉総理は28日に訪印
Excerpt: 小泉総理は28日に訪印する予定なのです。インド人として嬉しいニュースです。 共同声明案はこちらへご覧ください 共同声明案はITについてグッドニュースのように見えますがちょっと気になる二つの記事..
Weblog: 外国人日記:インド人IT技術者Manish Prabhune(マニッシュ・プラブネ)
Tracked: 2005-04-27 22:46

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。