2005年01月25日

(インド株関連)インドIT産業について2〜"インドのシリコンバレー"バンガロールとは2〜

バンガロールの技術労働者数は2005年までに20万人を上回る見込みです。

一方、今年6月現在で、シリコンバレーの中心地であるサンタクララ郡の技術労働者数は17万5100人になる見込みです。

この記事だけで判断すると、バンガロールはシリコンバレーをもう超えているということになります。

しかし、シリコンバレーではナノテクノロジーなど新しい分野で成長が見られ、数ではバンガロールにかなわないものの、先端技術を有しているようです。

日本、中国では、パソコンやインターネットを扱うに当たってまずはゲームなどの遊びから入り、興味を持った人間がIT産業に従事するが、インドでは「食うため」にITの勉強を開始します。それが、本当のプロフェッショナルを多数輩出する所以であると思われます。

バンガロールは、現在、日本の企業に興味を持っており、日本語や日本のビジネス習慣という対日企業とのビジネスにおける最大の壁を取り払うべく、それらを積極的に学ぶ動きがある。

ある企業は日本人を社内講師として雇い、日本語や日本のビジネス教育を行い、ある企業は日本人を一正社員として雇い、日本企業との仲介を任せています。

ある学生は入社時からハイスキルと認定されて高給取りになるべく、日本語学校で日本語を学び、日本語能力検定で2級以上を取ろうと勉強します。

またある学生はソフトウェア企業には入らないものの、ソフトウェア企業から発注された企画書、仕様書などを翻訳する翻訳家になるため日本語学校に通っています。

これらのニーズにこたえるべく、日本語研修機関がバンガロールで増えています。

今後述べていきますが、バンガロールが日本と密接な都市となることがそう遠くないと思います。実際、バンガロール日本人会のホームページがあるくらいです。

次回から、いよいよインドIT産業の全容に迫ります!



人気blogランキング

金持投資家をチェック!




株専門ブログランキング・カブログ








あなたを「幸せなプチ投資家」(経済的自由人)に変えるための資料を無料プレゼント中。
                 

─────────────────────────
ナポレオン・ヒル・プログラムのガイドブック
─ お金と人生の法則 ─
             
[期間限定]応募者全員プレゼント!
─────────────────────────
ウィニング・エッジ(勝利の勝点差)という言葉をご存じですか?
簡単に言えば、トップを走る人と、平均ないし並の人との間には、そんなに大きな差は無いということです。

しかし、僅かな差の積み重ねが結果として大きな差となると言う事実は見逃せません。
あなたならこの僅かな差とはなんだと考えますか?

その答え、ナポレオン・ヒルの成功哲学をまとめたガイドブックを、
『期間限定』で『応募者全員』にプレゼントしています!

▼ガイドブックを進呈中▼



 当サイトホームへ!!  







ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 19:37 | 北京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(1) | インド株!(IT)
この記事へのコメント
始めましてGoです。
インド株に興味があって辿り付きました。
スゴク興味深い記事ばかりなので、ちょくちょく遊びに来てもいいですかね?
MyBlogListへ登録させていただきます。
Goも、サッカー中心ではありますが、株も少しやってますので相互リンクできればお願いします。
[Football is Life...]
http://blog.livedoor.jp/jubilo999/
Posted by Go at 2005年01月26日 20:58
goさん、コメントありがとうございます!
株関係のHPではないので、早速トップページ「いろいろリンク」に入れさせていただきました!これからも、ご意見などいただければ幸いです!
Posted by taka at 2005年01月26日 21:40
リンク有難うございました!
バンガロール情報、興味深く読ませて頂いています。
ADRでのインド株へ投資できる話も面白いですね。
密かに狙ってます・・・(笑)
為替の影響もあるのでリスクは高いのかもしれませんが、
やっぱり増やせる可能性の高い方に惹かれるのはみんな一緒ですよね?
Posted by Go at 2005年01月28日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1707550

インド企業の時価評価ランキング??IT??
Excerpt: BT誌から、04年上半期企業ランキングBEST500をご紹介します。 第一回目は
Weblog: 『インド株・・』投資でビジョンをカタチにする
Tracked: 2005-01-25 22:11

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。