2005年01月21日

(中国株関連)中国株はそろそろ買い足しでしょうか?

中国株。大分下がりましたね!このところ、私の株がはっきりとグルーピングされてきました。

グループ1 買いたい!と思って、我慢できずにすぐに買った株

グループ2 買いたいと思っていて、大幅下落するまで数ヶ月も待った株

今現在、グループ1は完全にお荷物グループ、グループ2は勝ち組又はプラマイゼロという具合です。

ハイハイQさんの記事でこんな記事が載っていました。


「鞍鋼新軋鋼に続く株が次々と出てきます

新年早々、中国株の平均株価が安値を更新し、
中国の多くの投資家が不安な顔をしています。
上海B株も深B株も、
更には香港のハンセン指数も、
H株もレッド・チップも例外ではありません。
金融引締めが何をもたらすのか、
先の見通しがつかないからだと言ってよいでしょう。
中略
そうした朦朧とした動きのなかにあって、
鞍山鋼鉄の子会社で
鋼板やレールなどの専業メーカーである
鞍鋼新軋鋼(アンガンニュースチール 0347)が
昨年度の業績と増資をいち早く発表しました。
それによると、
100億元をこえる空前の利益をあげ、
既存の株主に対して10株につき8株の無償増資を行い、
その上でA株市場で、
1株当りの資産に見合う株価
3.35元乃至3.5元の間で新株を募集し、
その資金で同業関連の工場を買収するとのことです。

この発表で、2.7、8ドルていどの時価が一躍して
5.05ドルまで買い上げられましたが、
高値に売りも出て、
少々値下がりしています。
3.35ドルで新株募集をするとなれば、
いまの株はその1.8倍以上になりますから、
6元余りがつくことになります。
一挙に倍ですから、
同社の株を持っている人は突然の朗報で
夢から目をこすりながら醒めたようなものです。」

とのこと。景気が悪い中、我が家の唯一の星です。
現在、中国株で10万近く評価損があるので、一気に挽回して欲しいものです。

前に、「決算発表時期になったら、業績のいいところは上がる」という記事を書きましたが、
ココはその一つなんでしょうね。逆に、今はマーケット全体が下がっている状況なので、買いなのかな?と思っています。単純に、利益が上がってそうなところを買えば、設けることが出来そうな気がするのですがどうでしょう?

私はこのタイミングで買い足そうと思っています。どの株って?
これから考えるのですが、15万以下で買えるくらいの株で利益が上がっているところでしょうね。単純に原油、運輸、素材を底値で拾えたらと思っています。週末も寝不足かな(笑)



人気blogランキング

金持投資家をチェック!




順位がローソクに!カブログ


世銀債年7.38%南ア・ランドベース→無料資料請求

●本債券の発行体は1959年以来、AAAの格付けを維持し
 続けている世界銀行(国際復興開発銀行)です。
●南アフリカ…ヨハネスブルグ証券取引所は、世界第15位の
       規模を有する。
       BMW3シリーズ、メルセデス・ベンツCクラス
       などの右ハンドル市場向け製品は、すべて
       南アフリカで生産されています。
       金・プラチナ埋蔵量は世界最大級!




あなたを「幸せなプチ投資家」(経済的自由人)に変えるための資料を無料プレゼント中。
                 





 当サイトホームへ!!  


ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 20:29 | 北京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | 中国株関係記事
この記事へのコメント
初めまして、ごっちゃんです。
中国株は、もう2段階くらい下がる気がしています。その時が絶好の仕込み時では?

確か南アフリカと日本の国債の格付け(自国通貨建ての場合)って一緒じゃなかったでしたっけ。
Posted by ごっちゃんです。 at 2005年01月21日 22:19
コメントありがとうございます!

確かにもっと下がる可能性は否めませんが、、投資マインドが戻ったら一気に上がると思うので、少しずつ買おうかなというところです。(金がなくて少ししか買えないのですが…)

南アフリカはおっしゃるとおり日本と同じ格付けだとテレビで言っていました。

Posted by taka at 2005年01月21日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1662696

昨年の配当金額
Excerpt: 昨年の中国株の手取り配当金額は1,996円でした。中国株を始めたのが昨年4月、最
Weblog: 目指すは配当生活
Tracked: 2005-01-30 16:40

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。