2005年01月20日

(インド株関連)インドがG7参加!

吉野家が上げてきました!どこまで上がるか楽しみです!

さて、中国株は下降気味のようなので、例のごとくほっときます。。

インドネタを。。

2月4日にロンドンで開催されるG7に、インドのチダンバラム大蔵大臣が招待されたとのこと。インドのG7のデビューになります。


また、中国もロンドンの会談に参加すると予想されます。
G7参加者は、2月4日に夕食で会って、翌日主な会談を開催すると予想されます。

日本銀行の福井総裁は、G7において世界経済に通貨の安定性などについて、言及すると話しており、また、アメリカが徐々に経常収支の赤字を下げることができるかどうかという問題が中心となる見込み。

当然、元−ドルレートの問題も話し合われるという見込み。

これまでの記事を見てみると、本当に、中国の少し前の状態をインドが歩んでいるように思われます。BRICSと呼ばれる国がG7の中核になる日が近いのかもしれませんね。
少なくともインドは数年後、世界経済の中心に確実に近づいているでしょう。

まずは株を買わないと!



人気blogランキング

金持投資家をチェック!




順位がローソクに!カブログ






あなたを「幸せなプチ投資家」(経済的自由人)に変えるための資料を無料プレゼント中。
                 





 当サイトホームへ!!  


人民元も含めた資産運用−実績・信頼で選ぶ
三井物産フューチャーズの為替取引
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 19:54 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(全般)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。