2005年01月13日

(インド株関連)インド株復活?

今日は香港市場も多少上げましたね!特に、私が多く持っている、鉄鋼株の上昇幅が大きかったです。(と言っても大分ソンしていますが…)ヤフーの経済ニュースにもありましたが、需要増により、生産量も増加。原料が不足しており、世界の各鉄鋼会社が原料の奪い合いをしている模様。調達価格が高騰し過ぎても、製品価格に転嫁できればいいですが…

さて、インド株ネタです。

ボンベイ株は木曜日に早い時間帯から上昇しました。4半期の高い収益を発表した各企業の株を外国の投信が購入するのを歓迎する旨の財務大臣の発言があったようです。


ボンベイ証券取引所インデックスは午前10時25分までに1.14パーセントアップして、6,172.30ポイントになりました。

しかし、インデックスはレンジでまだ取り引きされ、高値に突き抜けることはないというのが市場の見方です。

水曜日に純益が予想より良い52パーセント上昇したのを示した後にInfosys Technologies Ltd.(No.2輸出業者)はおよそ3パーセント上がって、1,958ルピーになりました。

Maruti Udyog Ltd.(インドの最も大きい車のメーカー)は422.70ルピーに2.3パーセント上昇。

また、セメントメーカーはインド洋津波の余波で工事の根強い需要への期待により、例えば、Cement Companies Ltd.(No.2プロデューサー)は2.3パーセント上がって、341ルピーになりました。

金属メーカーは上昇。 インド国立のSteel Authorityは57.95ルピーまでおよそ3パーセント上昇。そして、Hindalco Industries Ltd.(最も大きい会社)は1パーセント上がって、1,252ルピーになりました。

というニュースでしたが、投信は大分下がって、ついに原価を割ってしまいました。。。今が買い!!新生銀行で20000円追加します。今日。

ボンベイ証券取引所インデックスは午前10時25分までに1.14パーセントアップして、6,172.30ポイントになりました。

しかし、インデックスはレンジでまだ取り引きされ、高値に突き抜けることはないというのが市場の見方です。

水曜日に純益が予想より良い52パーセント上昇したのを示した後にInfosys Technologies Ltd.(No.2輸出業者)はおよそ3パーセント上がって、1,958ルピーになりました。

Maruti Udyog Ltd.(インドの最も大きい車のメーカー)は422.70ルピーに2.3パーセント上昇。

また、セメントメーカーはインド洋津波の余波で工事の根強い需要への期待により、例えば、Cement Companies Ltd.(No.2プロデューサー)は2.3パーセント上がって、341ルピーになりました。

金属メーカーは上昇。 インド国立のSteel Authorityは57.95ルピーまでおよそ3パーセント上昇。そして、Hindalco Industries Ltd.(最も大きい会社)は1パーセント上がって、1,252ルピーになりました。

というニュースでしたが、投信は大分下がって、ついに原価を割ってしまいました。。。今が買い!!新生銀行で20000円追加します。今日。




人気blogランキング

金持ち投資家の動きをチェック!




世銀債年7.38%/税引前南ア・ランドベース→詳細
↑本債券の発行体は1959年以来、AAAの格付けを維持し続けている世界銀行(国際復興開発銀行)です。設定回数も20回。まずは無料資料請求し、詳細をチェック!



ODNのカード特集!まずはチェック! 


オリックス証券





 当サイトホームへ!!  




ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 23:02 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(1) | インド株!(全般)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1572573

Webリング!アクセスがあがるのか?
Excerpt: まずは、この記事読んでみてください。 株のWebリングに参加 うーん、役に立っている・・・ そんなWEBリングに参加してみたい方はこちらにどうぞ  ⇒ 株のWEBリング..
Weblog: 「負けない」投資家の日記               〜 株情報・売買指南・システムトレード 〜
Tracked: 2005-01-14 01:43

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。