2005年01月07日

(インド株関連)インド国内自動車製造業の競争力について

インドで最も大きい車のメーカー(Maruti Udyog Ltd)は、4月に実施される、ユーロIII(燃料排気ガス基準)を満たすための開発費用の補填のため、また、鉄鋼とプラスチックの価格が過去12カ月急激に上がったせいで、価格を上げざるを得なくなったとのニュースが入りました。

これにより、Maruti Udyog Ltdのシェアは2%程度下がったとのこと。

国内メーカーはやはり技術水準が低いため、開発費用もかかるせいで、外資系との競争は厳しいのかなと推定されます。また、鉄鋼や石油化学工業の未発達から、原料の調達方法についても、スムーズに行かず、その点でも外資に劣る可能性があります。

インドが国内産業をどれだけ保護しているかについての情報がないので、何とも言えない部分もありますが、このニュースを見ると、自由貿易主義であるような気がします。

インドも中国同様、自動車が急激に普及されると思います。
トップ企業としてどこが君臨するのか。注目していく必要がありますね。



人気blogランキング

↑1クリックお願いします!!

ただいまの順位は?



≪MONEY MAP≫でお金もポイントも一括管理できます♪
100万人が大満足─『Gポイント』


↑お金管理!


オリックス証券









 当サイトホームへ!!  
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 00:30 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株!(自動車関係)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。