2005年01月03日

中国の自動車業界の行方

駿威汽車有限公司傘下の広州ホンダは、2004年の目標である生産販売台数20万台を達成したが、販売台数は、前年比73%増、売上高は同48%増。2005年の目標販売台数を前年比15%増となる23万台とするとのニュースがありました。

ここで気になるのは、売上高については言及していないこと。

今年は何とか値下げをせずに売上高、利益を確保できましたが、来年は新工場の建設により、生産台数が増加するのは間違いなく、よって、販売台数も確保する必要があるため、また、トヨタが中国での自動車販売に本腰を入れてきたこと、他社との値下げ競争に対抗するために値下げをせざるを得なくなってきているのではないかとも考えられます。

一方で良くわからないのが、ホンダも北米市場でハイブリッド車を販売していることを考えれば、原油不足に直面している中国においては、高付加価値商品として販売できそうなモノですが。。(もちろんトヨタもですが。。)どなたか、その辺の情報がある方がいらっしゃったら教えてください!


私はホルダーなのですが、頃合いを見て、一部売却することも検討する時期かなと思っていますが、配当の権利落ち日も考慮に入れつつ、難しい局面にあると思います。




人気blogランキング

↑1クリックお願いします!!

現在第90位




【ネット証券】一括比較サイトはココ!


フルーツメール

↑私も登録済み!とりあえず登録しておくだけで、毎月100万円が抽選で当たる!わずらわしさなし!











 当サイトホームへ!!  
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 20:17 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国株関係記事
この記事へのコメント
相互リンク依頼誠にありがとうございました。
リンク完了致しましたので
ご確認ください。

末永く宜しくお願い致します。
Posted by たつぞう at 2005年01月03日 20:48
blog相互リンクのご依頼ありがとうございます。リンク貼り付け完了しておりますのでまたご確認ください。今後ともよろしくお願いします。
Posted by かあさん at 2005年01月04日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1467224

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。