2004年12月26日

これからはインド?

中国株歴は1年ですが、最近インド株投信も始めました。
中国の成長をある程度見極めつつ、インド株へのシフトをさせるのが正しい投資だと考えています。
なぜなら、中国では、どんな業種の株価も上がっていくという時代は終了し、先進国のように、他国の経済事情に影響されたり、各企業も付加価値を付けていく能力がないと、成長が見込めない気がするので、各企業の詳細が分からない状態で投資するのは危険が多いかなと。

といいつつ、しばらくは月2万円のインド株投信積み立てを行い、インドの勉強をしつつ、中国株を今の予算の範囲内で売買して、もうけを得ていこうかなあと思っています。
ちなみに、インド株投信は最近2万積み立てて、今日現在20389円になっています(^_^)/
結構手数料とられましたが、一瞬でここまで増えるとは…。

中国株に戻りますと、
ユナイテッドワールド証券に香港ドルとして入金していた分を先日中芯国際
で全力買いしてしまったので、、、後は他の株を売るだけかなと。。

私の持ち株で、今売った方がいいものってあります??
大勝ちしているのは、

000347 鞍鋼新軋鋼
000991 大唐発電

くらいで、後は損または手数料合わせてトントンくらいなので。。。
ご意見あれば宜しくお願いします!



ライブドア証券株式会社















 当サイトホームへ!!  
ひらめきインド投資のための証券会社完全解説ひらめき

↑インドへの投資は簡単1万円から。

有利な投資方法をまとめました。
posted by taka at 00:01 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(1) | 中国株関係記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1423706

カレンシーボード制
Excerpt: 今回は「香港ドル」のお話をします。 香港ドルという通貨は米ドルにペッグ、人民元と一体化しており、香港は英国植民地時代以来、中央銀行の存在しないカレンシーボード制によって通貨管理を行っています。 ..
Weblog: 香港資産運用奮闘記 by kz@銅鑼湾
Tracked: 2004-12-30 02:31

インド個別企業へ投資できる唯一の証券会社。インド投信、中国株の購入、日本株手数料大幅値下げ。無料資料請求できます。 ↑ちなみに私、資料請求してほうっておいたらメール1つだけ勧誘きまして、それ以外の勧誘は来ませんでしたので、安心ですよ。私は結局2か月後に口座開設し、主力口座として使っています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。